今日もあいおわ

mayugezaru.exblog.jp

イタリア旅行!

仕事を辞めてから学校に入学するまでの間、今までできなかったことをやりたい!ということで、ずっと行こうね〜行こうね〜と言って後回しになっていたヨーロッパ旅行、いってきました!
行ったのは、イタリア。
移動日も入れて、17日の旅。
行ったところは。。。
ベネチア
フィレンツェ
ローマ
チンクエ・テレ
ソレント(ポンペイ遺跡、カプリ島)

飛行機は、私は行きも帰りもエールフランス、母は帰りはローマからの直便アリタリアで。機体は古かったけれど、ヨーロッパの飛行機のご飯の方がアメリカ系より美味しかったし、添乗員さんも丁寧な方が多かったかなあという印象を受けました。

今回は2週間だけだったので、機内持ち込み用のスーツケース(Carry on)とバッグのみで。短期滞在の場合は、荷物が届かなかった〜なんてがっかりすることがないよう、機内に持ち込める荷物のみにするのがおすすめ。
ここで、私のパッキングリスト!(アメリカで有名な、リック・スティーブのパッキングリストとTravel Fashion Girlを参考にしました。このパッキングリストは、2週間でも1ケ月でも同じなんだそう)→Rick Steves' Packing ListTravel Fashion Girl Essentials Packing List

<パッキングリスト>
*服は、お互いに合わせやすいものを持っていくと良いそう。ベースとして、ニュートラルな色の服を選び、それにニュートラルではない色をアクセントにもっていくと良いそう。ちなみにニュートラルカラーとは白、ベージュ、ネイビー、灰色、茶色、カーキ色、黒。
上着を5枚
季節によって、半袖シャツ、長袖シャツを組み合わせて。私たちが行ったのは4月半ばと季節の変わり目だったので、暑い日のためにTシャツ3枚、寒い日のために長袖2枚持って行きました。洗うので乾きやすく、できればシワのつきにくいもの、またはシワの目立ちにくい柄のものがオススメだそう。長袖は、デニムなどのボタン付きシャツならジャケット代わりに重ね着もできるのでイイそう。
パンツ/スカートを2−3枚
私のおすすめは、ジーンズ1枚(夏は暑いのでジーンズではきついかも)、カジュアル・セミフォーマル両方で履けるパンツ1枚、スカート1枚。
下着5枚、ブラは2−3枚
毎日下着は洗い、しかも一晩で乾くので、3枚でもいけるなあと思いました。ブラは服の色を考えて(黒と肌色各1枚あれば無難)。アウトドアアクティビティなどをする予定なら、スポーツブラも1枚持っていくと良いかも。私の場合、Tシャツが薄くて透けるので、他にユニクロのブラトップキャミソールを2色持っていきました。ブラトップはほんとオススメ!これだけでも着れるし、その分持っていくものが減る!乾きも早くてワイヤーフリーなので洗いやすい!
靴下5枚
靴の形や服装に合うもの。ヨーロッパ人に聞くと、白は避けたほうが無難なんだそう。

履いていくものは、歩きやすい靴。
女性なら、メインのシューズはインソールのしっかりしたフラットシューズ(バレーシューズ)かおしゃれなスニーカーを。スニーカーを履いていくなら、セカンドシューズとしておしゃれなフラットシューズを1足持っていくと良いでしょう。フィレンツェやローマは道が石畳ででこぼこしているので、ヒールでは歩きにくいです。しかもフラットシューズなら、ディナーの後のお散歩もしやすいし、ヒールよりかさばらない!
男性は、革のスリッポン(スリップ・オン・シューズ)がオススメ。脱ぎ履きも簡単だし歩きやすいしドレッシーにも見えるので、1足あればカジュアルもディナーも両方OK! 
真夏なら、セカンドシューズとして歩きやすいサンダルがおすすめだそう。
履きやすいオススメブランドは(アメリカで売っているものしか分かりませんが)、ECCO, Hush Puppies, Naturalizer, Clarks, Sofft, Merrell, Keen。MerrellとKeenは特に、アウトドア用の靴で定評があります。
あと、バスルーム/ビーチ用に必要であればビーチサンダルを持っていくのも良いかも。
ちなみに私はハイキングをする予定だったので、滑りにくくて街中でも履けるSketchersのRelaxed fitシリーズの物を履いていきました。そしてディナー用に、フラットシューズを1足。
セーター又は薄い素材のフリースジャケット
重ね着用またはドレスアップ用に、暖かくて暗めの色が良いそう。
4月だったので、私はカーディガンを持っていきました。
ジャケット/コート
4月でも夜と早朝は寒くなるので、しっかりしたジャケットが必要。
ドレスを1、2着
日中でも夜でも着れる物。かさばらず、シワになりにくい物が良い。
ネクタイ・スカーフ
スカーフは、2枚ほど持っていくと良いと思います。スカーフの色や巻き方を変えるだけで雰囲気を変えることができるし、寒い時の防寒グッズにもなります。日差しの強い日にはコットン地の物をつければ、日よけにもなりますね。
水着
プールやビーチにいく予定のある方は、持って行きましょう。冬でもホテルにプールやジャグジーがあれば、役に立つかも。
パジャマ・部屋着・運動着を1着
公共の場でも着られるカジュアルな服。Tシャツ、タンクトップ、ヨガパンツ、ショートパンツなど、部屋でゆっくりくつろいだり、ホテル内をちょっとぶらついたり、パジャマとして使える服がよいそう。
マネーベルト
これは人によって意見が分かれますが、貴重品はマネーベルトといって腰に巻く薄いポーチで持ち歩く人、Hidden pocketといってベルトに通してズボンの内側に入れて持ち歩く人、首からぶら下げるタイプのポーチで持ち歩く人といろいろです。女性は、肩がけバッグに入れて持ち方に気をつけるという人が多いかも。肩がけバッグの場合、斜めがけにしてバッグは常に体の前に持ち、紐も短めにしておくと良いでしょう。バスやローカル電車や人混みの中では、チャックにも気をつけましょう。
下の写真がHidden pocket
c0198236_20556.jpg

お財布や携帯電話をズボンのポケットにいれて持ち歩く場合には、前ポケットに入れて、人混みの中ではポケットに手を入れてガードしておくと良いでしょう。
お金
現金。クレジットカードは2枚。デビットカードの使い勝手が良い国に住んでいる人はデビットカードも。ヨーロッパやアメリカではクレジットカードを使える場合が多いので、カードを持って行きましょう。予備のために、もう一枚別の会社のを持っていくと良いそう。クレジットカードを使ったほうが、両替するより安かったりする場合があるので、なるべくカードを使うと良いそうです。現金が必要な時も、クレジットカードで現地のATMを利用して引き出すことができるので便利。カードを使っての現金引き落としの操作方法はこちら→ATMの操作方法
あとクレジットカードにチップが内蔵されている場合、情報を読まれて盗まれてしまうということも最近起きているようなので、スキミング防止のカードホルダーやお財布を使用するか、小さくて薄いアルミ缶に入れるか、またはアルミ箔に包んで持ち歩くと良いそうです。
私たちの場合、現金は500ユーロほど持っていきました。そのうち約100ユーロは、だん吉くんがマネークリップのついた薄くて小さめのお財布に入れて持ち歩き(ズボンの前のポケットに入れて)、その他の現金やカードはHidden pocketに入れて持ち歩きました。ホテルに持ち運びの出来ない金庫がある場合には、そこに入れておくのが安全。アメリカ人の場合、銀行によってはATM使用の手数料が無料だったりするので、ATMで現金を引き落とし現金をできるだけ使い、高額なお買い物や旅行も最終日に近づいてきたときに、クレジットカードを使うよう勧められているみたい。
旅行に必要な書類
パスポート、チケット、学生証など。そしてそれぞれのコピー。ホテルなどの予約を証明するもののコピーも持っていきましょう。
現地の日本領事館の電話番号と住所、旅行保険、銀行、クレジットカードの連絡先なども控えておきましょう。
ガイドブック・地図
小さなノートとペン
メモしたり、コミュニケーションをとる時のため。
観光する時に持ち歩くバッグ
化粧用品
医療薬品
コンタクト・メガネ・サングラス
腕時計と目覚まし時計
封がきっちりしまるプラスチック製の袋(ジップロックなど)
洗濯用石鹸
シャンプーや普通の石鹸でも洗濯できますよ。携帯用シミ抜きももっていくとGood。携帯用シミ抜きペンやウェットティッシュは、いつもバッグに忍ばせておくと役に立ちますよ!
洗濯ロープ
私たちが泊まったところにはハンガーがたくさんあったので、必要なかった。。。
体を洗う用のタオル
バスタオルとハンドタオルはホテルで用意されていますが、小さなタオルは置いていないことが多いそうです。乾きの早い化学繊維のボディタオルをもっていくと良いでしょう。
小さなお裁縫セット
裾がほつれてしまった時の応急処置などにも使える安全ピンをいくつか、ボタンをいくつかいれておくとGood。
携帯ティッシュとハンカチ
スマートフォン・携帯・充電器
カメラ・メモリーカード・充電器
タブレットやラップトップなどと充電器
ヘッドフォン・イヤフォン
USBフラッシュドライブ

カメラをなくしてしまう心配のある人は、毎晩写真をフラッシュドライブに移動するか、オンラインのクラウドストラージに保管すると良いでしょう。
変換プラグ
私たちはダイソーで買いました。短い延長コードもダイソーで買って持っていきました。
折りたたみ傘

<持っていくと良いかも、オプショナルリスト>
耳栓
音に敏感な人は、寝る時に必要になるかも
ピクニックグッズ
フォーク、スプーン、ナイフの付いていないコルクスクリュー(ナイフ付きのものは機内持ち込み不可)
折りたたみのできるジッパー付きバッグ
ショッピングバッグ、洗濯バッグ、ビーチバッグ、そしてスーツケースに入らなかったお土産を持ち帰るバッグにもなります。
小さい懐中電灯
ガムテープ
スーツケースやバッグの応急処置などに便利!必要なだけをとって、ペンなどに巻きつけてもっていくと良いらしいです。
虫よけスプレー・ワイプ
小さい南京錠
ホテルに荷物を置いておく時(特にチェックイン前やチェックイン後)、デポジットに預ける時、電車の中などでは、ダイヤル式ロックをかけておきました。空港では鍵をかけないように!
旅行用バスタオル・ビーチタオル
タオルを持っていく場合、普通のものはかさばるので、旅行用のマイクロファイバー薄型タイプがオススメ。私たちは、広げると大きなバスタオルサイズ、折りたたむとハンドタオルくらいになるものを持っていきました。タオルとして使えることはもちろん、色がオリーブ色なので寒かったら上から羽織ってもあまりおかしく見えないし、ブランケット代わりに使えたり、ビーチに持っていってその上に寝ることもできるのでオススメ。
ヘアドライヤー
ホテルにない場合には、携帯用のものをもっていくと良いかも。
旅行用枕
梱包材プチプチ
特にオリーブオイルや瓶詰めなどをスーパーで買った時、プチプチが付いていないので便利です。
[PR]
by mmayfkd | 2015-05-10 20:13 | 旅行