今日もあいおわ

mayugezaru.exblog.jp

羽の生えたライオン

Lion with wings.
羽の生えたライオンはベネチアの象徴。
ベネチアの守護聖人は聖マルコ、そのシンボルが羽の生えたライオンだからベネチアの象徴となりました。

かわいい。

ガォ〜!
c0198236_22131133.jpg

ガォ〜〜‼︎
c0198236_22132546.jpg

ガォ~~~!!!
c0198236_22115950.jpg

ガォ〜〜〜〜!!!!
はぁ、もう聞こえてるから。。。耳元で叫ばないでよ(って胸像)。。。
c0198236_22142944.jpg

[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-11 22:11 | 旅行

ベネチアのワンコちゃん

ベネチアでは、可愛いワンちゃん達が町を歩いていました、しかも紐無しで。
We saw many cute pups in Venice. I guess in Venice, they don't need to be leashed.
c0198236_21484176.jpg
c0198236_214909.jpg

カフェやバーはワンちゃんもOKな所が多いらしく、ワンちゃんも一緒に楽しんでいました。近所のバーでは、一人(一匹か)で外に出てきておしっこをして、また中に戻っていくというお店の常連さんっぽいワンちゃんまで!いいなぁ。
There are many cafes and bars which allow dog. At one bar in Dorsoduro, we saw a pup ran out from the bar by himself, peed on a nearby wall, then went back to the bar. He must be a regular customer!

日向ぼっこしているワンちゃん
A little old pup sitting on a street.
c0198236_2149509.jpg

可愛いなあって思って見ていたら、実は"抱っこして〜"ってワンワン吠えてるワンちゃんでした。
I thought he was sunbathing but actually he was barking and asking his owner to pick him up and carry him home!!!
c0198236_21583772.jpg

お散歩途中で疲れちゃったんだね。飼い主のおじいさん、一生懸命遠くからお出でよって呼んでたけれど、どうしても動きたくなかったみたい。。。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-11 21:58 | 旅行

ベネチアの水

ベネチアでは、ホテルの水道水も飲めるし、道にある水飲み場の水も飲めますよ。
c0198236_21253798.jpg

ただそれだけ。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-11 21:25 | 旅行

ベネチア*3

移動日だったので、午前中のみの観光。
早く起きてヴァポレット乗り!
We really enjoyed vaporetti rides!
c0198236_20482697.jpg

c0198236_20484085.jpg
c0198236_20491096.jpg
c0198236_20492594.jpg
c0198236_20494559.jpg
c0198236_20495913.jpg

c0198236_20502287.jpg

釣りをしているおじさんたち
c0198236_20515472.jpg

帰りは通学の子供と親たちと一緒にボート乗り。宿題の見せっこなどをしていて、面白かったぁ。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会
Basilica di Santa Maria della Salute
黒死病が大流行した時に建設されたものです。
c0198236_21145233.jpg
c0198236_21152395.jpg

c0198236_2115933.jpg


泊まったところのすぐそばに八百屋さんがあったので、そこでイチゴとグレープを買ってランチに。イチゴは甘酸っぱくて美味しかったし、グレープもとても甘かった!
There was a market boat near our B&B. We bought strawberries and grapes. They were both great! We saw artichoke roots soaked in lemon water. How does people eat those?
c0198236_21184769.jpg

c0198236_2119971.jpg

レモン水につけた、アーティチョークハート。売っているのを見た時にはなんだろって思ったけれど、調理して食べるんですよね。どんなお料理が向いているのかな?
It was my first time to see artichoke hearts sold in lemon water. I didn't know the bottom parts were "hearts". How do people cook them?
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-11 21:21 | 旅行

ベネチア*2

朝早く起きたら、観光客の嵐が来る前にヴェポレット乗りにいこう!
Early morning vaporetti ride!
c0198236_21272490.jpg

c0198236_19244617.jpg
c0198236_19245736.jpg

早朝は、市場の準備や、船でホテルやレストランなどに荷物を運んでいる風景も見ることができます。

朝食を9時頃食べて、10頃からゆっくり観光。

サン・マルコ広場
St. Mark's Square
c0198236_19484462.jpg

c0198236_19493316.jpg

c0198236_19491131.jpg

c0198236_19515986.jpg


ドゥカーレ宮殿のチケットは、コッレール美術館ともう二つの博物館との共通券となっています。ドゥカーレ宮殿でチケットを買おうとすると結構並ぶので、すいているコッレール美術館で買いましょう。
コッレール美術館
Museo Correr
c0198236_19381163.jpg

c0198236_19382232.jpg

c0198236_19391054.jpg

ベネチアには、昔は世界一と呼ばれた造船所があり、1日一隻造ることができたそうです。
c0198236_19395072.jpg


ドゥカーレ宮殿
Doge's Palace
c0198236_1958497.jpg

窓から見える景色
View from a window
c0198236_1959124.jpg

題:少女と窓
Title: Girl and a Window
c0198236_19593915.jpg

って、あっ、お母さんだったわね、失礼。
Oops, it was my mom!
兵具
c0198236_202043.jpg

裁判所(?、忘れてしまった。。。)
c0198236_2023433.jpg

ため息の橋を通って、牢獄
Prison cell
c0198236_2043664.jpg
c0198236_2044711.jpg

ため息の橋
Bridge of Sighs
c0198236_2053413.jpg


サン・マルコ寺院
St Mark's basilica
c0198236_19524291.jpg

c0198236_19531045.jpg
c0198236_19532552.jpg
c0198236_19533990.jpg

外に飾ってあるのはレプリカ
c0198236_19542587.jpg
c0198236_19535857.jpg


リアルト橋
Rialto Bridge
c0198236_2072698.jpg


フラーリ教会
Frari Church
ドナテッロ、ティツィアーノ、ジョバンニ・ベッリー二の作品を見ることができます。
c0198236_20114765.jpg


ランチは、チケッティ(cicchetti=おつまみ)とワインで。
Our lunch. Cicchetti with ombre
All'Arco
色々な具ののった、クロスティーニ(トースト)がおすすめ。
c0198236_20143093.jpg

c0198236_20144816.jpg

Cantina Do Mori
ちっちゃなサンドイッチ(francobollo=切手という意味)がおすすめ。
c0198236_21315496.jpg

c0198236_21421827.jpg

(食べかけなのでお皿がちょっと汚い。。。)
c0198236_202604.jpg


町の中を歩いているだけでも楽しい。
c0198236_21392376.jpg
c0198236_21393322.jpg

c0198236_2140315.jpg

c0198236_21401998.jpg


ジェラート休憩
c0198236_2036665.jpg


ディナーはTrattoria Antiche Carampaneで。
c0198236_20272182.jpg

新鮮なお魚、えびさん、カニさん、素材の味を大切に調理されていて、日本人にとてもあった味でした。美味しかった〜!
Our dinner
お通しの小エビのフライ
c0198236_20335172.jpg

ベネチア風シーフードの前菜
c0198236_20341096.jpg

ベネチア名物クモガニのパスタ(一人ずつハーフーオーダーにしてくれました)
c0198236_20342383.jpg

舌平目のグリル。
c0198236_20345112.jpg

いちご(?)のシャーベットとラズベリーのパブロワパフェ。
c0198236_2035455.jpg

c0198236_20352990.jpg

帰りは歩いて帰りました。夜のベネチアは安全。静かにお散歩できます。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-11 20:42 | 旅行

ベネチア*1

Venice!
ベネチアには夜到着。
マルコ・ポーロ空港からベネチアまでは、ACTVのバスと水上バス(ヴァポレット)で移動。
交通パスチケットは、オンラインで事前に買うことができます。→Venezia Unica City Pass
チケットは、1回分、1日、2日、3日、7日間乗り放題があります。空港からのシャトルバスとセットになったものもあります。
私たちが買ったのは、空港からの片道シャトルバス切符と2日間パスがセットになったもの。ヴァポレット乗り場には切符を有効にする機械があるので、乗るたびにピッとスキャンしてから乗りましょう。ベネチア本島の観光なら、1番か2番のヴァポレットに乗ればOK。1番はすべての船着場に止まりますが、2番は快速となってスキップされる船着場があるので注意しましょう。

夜のベネチア
c0198236_1983579.jpg

c0198236_1984591.jpg

私たちが泊まったところは、Ca Rezzonico。
MatteoさんとMattiaさん兄弟が経営しているB&Bです。
中心街から離れていて静かな、ドルソドゥーロ地区にあります。ちょっぴり地元の雰囲気を味わいたいなあという方には、ぜひオススメの地区!
ホテルの部屋は3人用
We stayed in a triple room
c0198236_1993240.jpg

部屋の窓から見える景色。
View from our room
c0198236_1910195.jpg

c0198236_19102157.jpg

芝生の庭もあり、そちらに面した部屋に泊まることもできます。
They have private garden terrace where you can enjoy breakfast.
c0198236_19111322.jpg

朝食付き。
c0198236_19112643.jpg


Casa Rezzonico
Dorsoduro 2813
tel. 041-277-0653
シングル:130ユーロ、ダブル:170ユーロ、トリプル:200ユーロ、クアッド:230ユーロ(シーズンによって変わりますのでただの目安として)
エアコン有り。無料ネット接続
Ca' Rezzonicoの船着場の近くです。ヴァポレットは1番。
*予約はメールで。
c0198236_21595868.jpg

[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-11 19:15 | 旅行

機内安全ビデオ

飛行機に乗った時、機内安全の説明をいつもしっかり聞いていますか?
席が前の方だと、キャビンアテンダントさんに申し訳ないなあと思って見るけれど、あとは本を読んだり自分の世界にはいってしまったりしてしまう。毎回同じだと、覚えているから大丈夫って思ってしまうんですよね。
When you are on a plane, do you pay attention to pre-flight safety demonstration? When I sit closer to front rows, I try to pay attention to be polite but mostly I just do whatever I want to do without listening. Thanks to some airlines that created unique safety videos! I actually watch them multiple times if they are interesting!
でもね、何年か前から、機内安全ビデオに工夫を凝らしている航空会社もいるんですよ。最初に面白いビデオを流したのがニュージーランド航空。
ホビットの機内安全ビデオは有名ですよね。
Hobbit safety video by Air New Zealand。


デルタ航空のビデオも面白い!
*デルタを使う予定のある人は、飛行機の中で見た方が楽しいかもね!
I flew on Delta recently and their video was fun to watch too!
*Oh, but don't watch the video if you are planning to use Delta soon. It's more fun to watch on the plane and laugh by yourself awkwardly!


イタリアに行った時エールフランスを使ったのですが、そのビデオがとてもフレンチってかんじでとっても可愛らしかった〜!行きはテレビが壊れていて映画が見られなかったけれど、この安全ビデオが見られただけで満足!ってくらいお洒落だったのよ〜(ちょっと大げさか)。
When we flew to Italy, we used Air France and their video was lovely! Super cute and so French!

あ〜フランス語が話せたらな〜。全てがお洒落でロマンチックに聞こえるわぁ。
Oh I wish I could speak French! I just love the sounds!
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-10 22:45 | 旅行

イタリアの長距離列車

イタリアの都市間の移動は、高速長距離列車を利用しました。

移動方法を調べるのに使って便利だったのが、
Rome2rio.com
電車での移動方法を調べるのに使いました。
電車の時間やバスでの移動方法は、Google地図を使いました。普通電車を何度か使う場合には、窓口で電車のスケジュールをもらっておくと便利。
ちなみに長距離列車に乗る場合には、事前にオンラインでチケットを買っておいたほうが確実だしお得ですよ。一等席と二等席がありますが、二等席でも十分ゆったりできます。ローカル線は日本と同じ要領で、その日の購入で十分。バスや普通電車はよく遅れが出るので、ゆとりをもって計画を立てましょう。
私たちは、鉄道会社から出ている安いチケットが売り切れてしまっていたので、イギリスのチケット会社を通して買いました。→Loco2
オンラインでのチケット購入では鉄道会社のオフィシャルサイトでも勿論買えますよ。
Trenitaliaのオフィシャルサイト→Trenitalia.com
Italoのオフィシャルサイト→Italotreno.it
Italoの方がきれいだし、無料でネット接続ができました。ただし通っている駅が少ないので、必ず駅の名前を確認してから購入しましょう。

列車の中はこんな感じ
c0198236_21391124.jpg

キャリーオンサイズのスーツケースなら上の棚に収納できますが、大きいものは、列車の後部に置いておいたり、共通の荷物棚においておくようになります。椅子と椅子の間にも置けますよ。
c0198236_21271445.jpg

列車内でチケットの確認に来るので、チケット、席番号ものっている購入証明のプリント、または携帯電話のスクリーンを準備しておきましょう。
びっくりしたのは、綱に繋がれた大きなラブラドールがお利口さんに列車に乗っていたこと!規定サイズ内の籠やバッグに入る小型ペットは無料で、中型や大型犬は、マズルをつけて繋がれていれば、有料で乗ることができるんですって!ペットと一緒にヨーロッパ旅行も夢じゃない!?
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-10 21:41 | 旅行

旅行に便利なアプリ

今回使って、とても便利だなあと思った無料アプリを2つ紹介。
1.Tripit
サイトはこちら→Tripit.com
交通機関、ホテル、レストラン、観光情報をまとめる事ができて便利。英語サイトですが、多少英語が分かれば使えます。情報を入れるのはちょっと面倒だけれど、一度入れてしまえば見やすいし、インターネットがあれば目的地までの地図もでてきて使いやすい。

2.Maps me
サイトはこちら→ Maps me
日本語でも対応しているみたいです。
このアプリにはかなりお世話になりました。オフラインで使えるので本当に便利!オフラインでもGPSで自分の現在地が地図上にでるので、わかりやすいです。事前に必要な地図をダウンロードして目的地をピンで留めておきましょう!
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-10 20:50 | 旅行

イタリア旅行!

仕事を辞めてから学校に入学するまでの間、今までできなかったことをやりたい!ということで、ずっと行こうね〜行こうね〜と言って後回しになっていたヨーロッパ旅行、いってきました!
行ったのは、イタリア。
移動日も入れて、17日の旅。
行ったところは。。。
ベネチア
フィレンツェ
ローマ
チンクエ・テレ
ソレント(ポンペイ遺跡、カプリ島)

飛行機は、私は行きも帰りもエールフランス、母は帰りはローマからの直便アリタリアで。機体は古かったけれど、ヨーロッパの飛行機のご飯の方がアメリカ系より美味しかったし、添乗員さんも丁寧な方が多かったかなあという印象を受けました。

今回は2週間だけだったので、機内持ち込み用のスーツケース(Carry on)とバッグのみで。短期滞在の場合は、荷物が届かなかった〜なんてがっかりすることがないよう、機内に持ち込める荷物のみにするのがおすすめ。
ここで、私のパッキングリスト!(アメリカで有名な、リック・スティーブのパッキングリストとTravel Fashion Girlを参考にしました。このパッキングリストは、2週間でも1ケ月でも同じなんだそう)→Rick Steves' Packing ListTravel Fashion Girl Essentials Packing List

<パッキングリスト>
*服は、お互いに合わせやすいものを持っていくと良いそう。ベースとして、ニュートラルな色の服を選び、それにニュートラルではない色をアクセントにもっていくと良いそう。ちなみにニュートラルカラーとは白、ベージュ、ネイビー、灰色、茶色、カーキ色、黒。
上着を5枚
季節によって、半袖シャツ、長袖シャツを組み合わせて。私たちが行ったのは4月半ばと季節の変わり目だったので、暑い日のためにTシャツ3枚、寒い日のために長袖2枚持って行きました。洗うので乾きやすく、できればシワのつきにくいもの、またはシワの目立ちにくい柄のものがオススメだそう。長袖は、デニムなどのボタン付きシャツならジャケット代わりに重ね着もできるのでイイそう。
パンツ/スカートを2−3枚
私のおすすめは、ジーンズ1枚(夏は暑いのでジーンズではきついかも)、カジュアル・セミフォーマル両方で履けるパンツ1枚、スカート1枚。
下着5枚、ブラは2−3枚
毎日下着は洗い、しかも一晩で乾くので、3枚でもいけるなあと思いました。ブラは服の色を考えて(黒と肌色各1枚あれば無難)。アウトドアアクティビティなどをする予定なら、スポーツブラも1枚持っていくと良いかも。私の場合、Tシャツが薄くて透けるので、他にユニクロのブラトップキャミソールを2色持っていきました。ブラトップはほんとオススメ!これだけでも着れるし、その分持っていくものが減る!乾きも早くてワイヤーフリーなので洗いやすい!
靴下5枚
靴の形や服装に合うもの。ヨーロッパ人に聞くと、白は避けたほうが無難なんだそう。

履いていくものは、歩きやすい靴。
女性なら、メインのシューズはインソールのしっかりしたフラットシューズ(バレーシューズ)かおしゃれなスニーカーを。スニーカーを履いていくなら、セカンドシューズとしておしゃれなフラットシューズを1足持っていくと良いでしょう。フィレンツェやローマは道が石畳ででこぼこしているので、ヒールでは歩きにくいです。しかもフラットシューズなら、ディナーの後のお散歩もしやすいし、ヒールよりかさばらない!
男性は、革のスリッポン(スリップ・オン・シューズ)がオススメ。脱ぎ履きも簡単だし歩きやすいしドレッシーにも見えるので、1足あればカジュアルもディナーも両方OK! 
真夏なら、セカンドシューズとして歩きやすいサンダルがおすすめだそう。
履きやすいオススメブランドは(アメリカで売っているものしか分かりませんが)、ECCO, Hush Puppies, Naturalizer, Clarks, Sofft, Merrell, Keen。MerrellとKeenは特に、アウトドア用の靴で定評があります。
あと、バスルーム/ビーチ用に必要であればビーチサンダルを持っていくのも良いかも。
ちなみに私はハイキングをする予定だったので、滑りにくくて街中でも履けるSketchersのRelaxed fitシリーズの物を履いていきました。そしてディナー用に、フラットシューズを1足。
セーター又は薄い素材のフリースジャケット
重ね着用またはドレスアップ用に、暖かくて暗めの色が良いそう。
4月だったので、私はカーディガンを持っていきました。
ジャケット/コート
4月でも夜と早朝は寒くなるので、しっかりしたジャケットが必要。
ドレスを1、2着
日中でも夜でも着れる物。かさばらず、シワになりにくい物が良い。
ネクタイ・スカーフ
スカーフは、2枚ほど持っていくと良いと思います。スカーフの色や巻き方を変えるだけで雰囲気を変えることができるし、寒い時の防寒グッズにもなります。日差しの強い日にはコットン地の物をつければ、日よけにもなりますね。
水着
プールやビーチにいく予定のある方は、持って行きましょう。冬でもホテルにプールやジャグジーがあれば、役に立つかも。
パジャマ・部屋着・運動着を1着
公共の場でも着られるカジュアルな服。Tシャツ、タンクトップ、ヨガパンツ、ショートパンツなど、部屋でゆっくりくつろいだり、ホテル内をちょっとぶらついたり、パジャマとして使える服がよいそう。
マネーベルト
これは人によって意見が分かれますが、貴重品はマネーベルトといって腰に巻く薄いポーチで持ち歩く人、Hidden pocketといってベルトに通してズボンの内側に入れて持ち歩く人、首からぶら下げるタイプのポーチで持ち歩く人といろいろです。女性は、肩がけバッグに入れて持ち方に気をつけるという人が多いかも。肩がけバッグの場合、斜めがけにしてバッグは常に体の前に持ち、紐も短めにしておくと良いでしょう。バスやローカル電車や人混みの中では、チャックにも気をつけましょう。
下の写真がHidden pocket
c0198236_20556.jpg

お財布や携帯電話をズボンのポケットにいれて持ち歩く場合には、前ポケットに入れて、人混みの中ではポケットに手を入れてガードしておくと良いでしょう。
お金
現金。クレジットカードは2枚。デビットカードの使い勝手が良い国に住んでいる人はデビットカードも。ヨーロッパやアメリカではクレジットカードを使える場合が多いので、カードを持って行きましょう。予備のために、もう一枚別の会社のを持っていくと良いそう。クレジットカードを使ったほうが、両替するより安かったりする場合があるので、なるべくカードを使うと良いそうです。現金が必要な時も、クレジットカードで現地のATMを利用して引き出すことができるので便利。カードを使っての現金引き落としの操作方法はこちら→ATMの操作方法
あとクレジットカードにチップが内蔵されている場合、情報を読まれて盗まれてしまうということも最近起きているようなので、スキミング防止のカードホルダーやお財布を使用するか、小さくて薄いアルミ缶に入れるか、またはアルミ箔に包んで持ち歩くと良いそうです。
私たちの場合、現金は500ユーロほど持っていきました。そのうち約100ユーロは、だん吉くんがマネークリップのついた薄くて小さめのお財布に入れて持ち歩き(ズボンの前のポケットに入れて)、その他の現金やカードはHidden pocketに入れて持ち歩きました。ホテルに持ち運びの出来ない金庫がある場合には、そこに入れておくのが安全。アメリカ人の場合、銀行によってはATM使用の手数料が無料だったりするので、ATMで現金を引き落とし現金をできるだけ使い、高額なお買い物や旅行も最終日に近づいてきたときに、クレジットカードを使うよう勧められているみたい。
旅行に必要な書類
パスポート、チケット、学生証など。そしてそれぞれのコピー。ホテルなどの予約を証明するもののコピーも持っていきましょう。
現地の日本領事館の電話番号と住所、旅行保険、銀行、クレジットカードの連絡先なども控えておきましょう。
ガイドブック・地図
小さなノートとペン
メモしたり、コミュニケーションをとる時のため。
観光する時に持ち歩くバッグ
化粧用品
医療薬品
コンタクト・メガネ・サングラス
腕時計と目覚まし時計
封がきっちりしまるプラスチック製の袋(ジップロックなど)
洗濯用石鹸
シャンプーや普通の石鹸でも洗濯できますよ。携帯用シミ抜きももっていくとGood。携帯用シミ抜きペンやウェットティッシュは、いつもバッグに忍ばせておくと役に立ちますよ!
洗濯ロープ
私たちが泊まったところにはハンガーがたくさんあったので、必要なかった。。。
体を洗う用のタオル
バスタオルとハンドタオルはホテルで用意されていますが、小さなタオルは置いていないことが多いそうです。乾きの早い化学繊維のボディタオルをもっていくと良いでしょう。
小さなお裁縫セット
裾がほつれてしまった時の応急処置などにも使える安全ピンをいくつか、ボタンをいくつかいれておくとGood。
携帯ティッシュとハンカチ
スマートフォン・携帯・充電器
カメラ・メモリーカード・充電器
タブレットやラップトップなどと充電器
ヘッドフォン・イヤフォン
USBフラッシュドライブ

カメラをなくしてしまう心配のある人は、毎晩写真をフラッシュドライブに移動するか、オンラインのクラウドストラージに保管すると良いでしょう。
変換プラグ
私たちはダイソーで買いました。短い延長コードもダイソーで買って持っていきました。
折りたたみ傘

<持っていくと良いかも、オプショナルリスト>
耳栓
音に敏感な人は、寝る時に必要になるかも
ピクニックグッズ
フォーク、スプーン、ナイフの付いていないコルクスクリュー(ナイフ付きのものは機内持ち込み不可)
折りたたみのできるジッパー付きバッグ
ショッピングバッグ、洗濯バッグ、ビーチバッグ、そしてスーツケースに入らなかったお土産を持ち帰るバッグにもなります。
小さい懐中電灯
ガムテープ
スーツケースやバッグの応急処置などに便利!必要なだけをとって、ペンなどに巻きつけてもっていくと良いらしいです。
虫よけスプレー・ワイプ
小さい南京錠
ホテルに荷物を置いておく時(特にチェックイン前やチェックイン後)、デポジットに預ける時、電車の中などでは、ダイヤル式ロックをかけておきました。空港では鍵をかけないように!
旅行用バスタオル・ビーチタオル
タオルを持っていく場合、普通のものはかさばるので、旅行用のマイクロファイバー薄型タイプがオススメ。私たちは、広げると大きなバスタオルサイズ、折りたたむとハンドタオルくらいになるものを持っていきました。タオルとして使えることはもちろん、色がオリーブ色なので寒かったら上から羽織ってもあまりおかしく見えないし、ブランケット代わりに使えたり、ビーチに持っていってその上に寝ることもできるのでオススメ。
ヘアドライヤー
ホテルにない場合には、携帯用のものをもっていくと良いかも。
旅行用枕
梱包材プチプチ
特にオリーブオイルや瓶詰めなどをスーパーで買った時、プチプチが付いていないので便利です。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-10 20:13 | 旅行