今日もあいおわ

mayugezaru.exblog.jp

ローマのワンちゃん

ローマにも、可愛らしいワンちゃんたちがたくさんいました。
置物かと思ったら、本物!ぬいぐるみみたい!
c0198236_16335836.jpg

いらっしゃいませ〜。
c0198236_1626123.jpg

パンテオンで一休み
c0198236_16261314.jpg

クールなワンちゃん
c0198236_16262572.jpg

早く戻ってこないかな〜。
c0198236_1626435.jpg

犬のパーキングだって。マグマグじゃ、無理ね。
c0198236_16265374.jpg

おじさんとナボナ広場でくつろぐワンちゃん。前で音楽の生演奏がやってるんです。毎日聴きに来てるのかな?
c0198236_1627297.jpg

[PR]
# by mmayfkd | 2015-06-03 16:32 | 旅行

ローマ*4

ローマ最終日。
お母さんの飛行機が3時過ぎだったので、午前中プチ観光。
朝の一杯は、サンテウスタキオ・イル・カッフェで。
Sant'Eustachio Il Caffè
c0198236_13103369.jpg

c0198236_1328397.jpg

c0198236_13282988.jpg

このお店は、創業1938年の老舗のコーヒーショップです。自家焙煎で、品質の高いフェアトレードのコーヒー豆を使っているそうです。バリスタの手元が仕切りで見えないようになっていて、作り方が企業秘密だっていうので有名でもあるんですよ。
コーヒーの注文は、まずキャッシャーでお金を払ってレシートを受け取り、そのレシートをバリスタに渡します。
イタリアの人は、立ちながらささっと飲んで出ていきます。席に座ると、席代を取られるところもあるそう。ここもそうかと思ったんですが、セルフサービスと書いてあったような気もするので、もしかしたらタダかも。分からなかったら聞きましょう。
They have been in business since 1938. They roast beans on site and use high quality fair-trade coffee beans. You cannot see how a barista makes coffee since there are shields. It's secret! The ordering coffee was a bit different. You pay first at a casher, get receipt, hand in the receipt to a barista, wait, and finally receive your coffee.
It seems like Italian usually drink coffee standing、so we followed...
c0198236_1327405.jpg

なので私たちも、ささっと。。。
c0198236_13413418.jpg

私たちが注文したのは、カプチーノ。ここのオススメは、"グラン・カフェ(エスプレッソの大きいやつでよりクリーミーだそう)”らしいです。普段は普通のアメリカンコーヒーをブラック(一応豆を挽いて飲んでます、だん吉くんがグズルので)、カプチーノはスターバックスで2回ほどしか飲んだことがないので私の言うことは当てになりませんが、今まで飲んだカプチーノの中で一番美味しかったぁ。泡がクリーミーでたっぷり。カップの3分の1は泡かと思うくらい!味もまろやか(でもミルクのせいかな?今思うと、グランカフェを注文すれば良かったなあ。もっと味が分かったかも)。飲んでから、泡をスプーンですくって食べます。
ここでは、コーヒー豆はもちろんのこと、チョコレートでコーティングされたコーヒー豆やコーヒー味のチョコやキャラメルを買うことができます。お土産にお勧め!
We ordered cappuccino. They are famous for gran caffè (larger and creamier espresso) and gran cappuccino (larger and creamier espresso). Ok, so I normally drink coffee black and I only tried Starbucks cappuccino twice in my life, I cannot say much about the flavor. But I have to say the best cappuccino I had in my life! The form was thick and creamy and the coffee was mild. I love the fact that we can eat the form with tiny spoon!
You can also buy coffee beans, chocolate covered coffee beans, chocolate or caramel with coffee flavors, and etc... they will be great souvenirs!

フォルノのクロワッサン(コルネット)
Cornetto from Forno.
c0198236_14533684.jpg

c0198236_14541855.jpg


カンポ・ディ・フィオーリの朝市(午後2時半位までやってます)
Markets at Campo de' Fiori
c0198236_1457165.jpg

c0198236_14572577.jpg

c0198236_14573917.jpg

c0198236_14575537.jpg

c0198236_1458102.jpg


パンテオン
Pantheon
c0198236_1359433.jpg

c0198236_1402217.jpg

c0198236_1442574.jpg

この天井の光、4月21日の正午になると、入り口を照らすようになっているそうです。朝8時半頃行ったので、そのまま12時まで待っていたら見れたかもね。
The beam of light will illuminate the entrance at noon on April 21st. We went there around 8:30 in the morning. If we stayed there till noon, we might've been able to see the phenomenon!

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
Basilica di Santa Maria sopra Minerva
c0198236_14452386.jpg

c0198236_14435243.jpg

フィリッピーノ・リッピのフレスコ画とミケランジェロのイエス・キリストを見ることができます。

サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会
San Luigi dei Francesi
c0198236_14305844.jpg

有名なカラヴァッジオ(Caravaggio)の作品、"聖マタイの召命""聖マタイと天使""聖マタイの殉教"を見ることができます。

それにしても、小学生グループが多かったなあ。っていうのも、4月21日だから?ローマの建国記念日は市の施設が無料となるらしいので(?)野外授業に来ていたのかな?
There were many elementary school children with teachers. Was it because of April 21st, the Roman birthday? I wonder some city-run places give free passes so that school children can visit there. In Japan, some prefectures have their prefecture day and certain places give free or discounted admissions.

お昼はロショーリのピザ。
実は朝ごはんを食べたばかりでみんな食べたくないと言っていたんだけれど、移動でランチ食べはぐるかもしれないし、美味しいと言われているので、一切れずつ食べました。
We had our lunch at Roscioli.
c0198236_1459977.jpg

c0198236_14592511.jpg
c0198236_1459412.jpg

だん吉くんとお母さんはシンプルなトマト、私はナスとバジルとモッツァレラ。とても美味しかった〜。お腹が減ってたらもう一切れ食べられたな。
Dan and my mom had simple tomato pizza and i had eggplant with basil and mozzarella. It was delicious!
c0198236_14595326.jpg

お惣菜も売ってます。
c0198236_150375.jpg


お母さん、一緒に旅行に行ってくれてありがとう。毎日とても楽しかったよ。
またいつか、一緒に旅行に行けるといいね。
I am so happy that we could travel together! Thank you mom for coming with us! Love you!
c0198236_15135812.jpg

[PR]
# by mmayfkd | 2015-06-03 16:06 | 旅行

ローマ*3

バチカン市国に行ってきました。しかも5時起きで!
昼間は渋滞のせいでバスがなかなかこないので余裕を持って行ったら、かなり早く着きすぎた。
バチカン美術館、一番乗り!
c0198236_3115468.jpg

We were the 1st ones to arrive at Vatican museum!
Since we've heard that Sistine Chapel is usually packed, we decided to purchase tickets for early entrance to the museum and breakfast (65 euro).
美術館の中でも一番見たかったのが、システィーナ礼拝堂。かなり混むと言われていたので、思い切って朝食付きの早め入場券を買いました(65ユーロ)。音声ガイド付きですよ。
early entrance to the museum and breakfast ticket (チケットはこちら)
シーズンオフ、またシーズン中(5月から?)夜7−11時の夜間入場なら、あまり混んでいないと聞きました。
チケットは、オンラインであらかじめ購入しておくことをお勧めします。すごく並ぶらしいです。その日に行こうって決めた方は、朝一番にサン・ピエトロ大聖堂を見に行き(これも時によって結構並ぶので)、その入り口付近で売っている美術館のチケットを買うと良いかも。インフォメーションセンターがサン・ピエトロ広場付近にあるらしく、そこで当日券を売っているとも聞きました。
I heard that if you visit off-season or night time open hour, the museum is less crowded. I highly recommend purchasing the tickets online. If you've decided to go to the museum the day of your visit, you can visit St. Peter's Basilica the first in the morning (It can get crowded), then purchase the museum tickets in the Basilica (I saw them selling the tickets near the entrance). I 've also read somewhere that you can purchase ticket at a info. center near the St. Peter's Square.
10分ほどすると、アメリカ人家族も来て並び始めました。7時近くにイタリア人家族が来て。。。7時になってドアが開いたら。。。イタリア人ドアに直行!私たちもアメリカ人も、あれっ?イタリアの人って、並ぶ習慣があまり無いのかもね。

朝食は、ピーニャの中庭で。
We had breakfast at the courtyard(the Cortile della Pigna).
c0198236_3512042.jpg

Fontana della Pigna (ピーニャ=松ぼっくり)。昔はパンテオンの側に置かれていたんだって。
c0198236_3565059.jpg

アメリカンスタイルの朝ごはん!
It's an American-style breakfast!
c0198236_3513120.jpg
c0198236_3514360.jpg

8時になると、美術館の中に入ることができました(一般開館時間は9時)。
At 8am, we were allowed to enter the museum (The museum open at 9am).
c0198236_3563643.jpg

c0198236_3571628.jpg
c0198236_3572899.jpg

c0198236_4374461.jpg

システィーナ礼拝堂、思っていた以上に素晴らしかったです。人も余りいなかったので、音声ガイドにそって歩きながら鑑賞することができました。天井画と最後の審判、ミケランジェロが一人で描いたなんて、本当に凄い人だ!9時になると、短いお祈りもありました。
Inside the Sistine Chapel was breathtaking. It was so nice to walk around and see the art while listening to the descriptions. There was a short prayer at 9am, too.
システィーナ礼拝堂に3−40分ほどいて、また入り口に戻って初めから見ました。
戻ってみると。。。。
人がいっぱい!でも、ちゃんと自分のペースで鑑賞できるし、嫌にならない混み具合でした。
We went back and saw from the beginning, and there were already a lot of people! But I didn't think it wasn't that bad. Well, I am from Japan, we are used to be in crowds though we prefer not to!
c0198236_482539.jpg
c0198236_483752.jpg

ラファエロの間
Raphael Rooms
c0198236_4214013.jpg

面白いのが、画家もこっそり自分を描いている絵が幾つかあったこと。(最後の審判も、聖バルトロマイの持つ肉体の皮が、ミケランジェロの肖像画だと言われているのは有名)
c0198236_422438.jpg

右端にいる、赤い服に黒のベレー帽をかぶったラファエロ。さりげなさが可愛らしい。
You can see Raphael with red clothes and black beret on the right side of the picture. The way he painted himself is like "where's Wally?"!
ボルジアの間
Borgia Apartments
c0198236_4335339.jpg

I like this art. Sharing food; a symbol of care, love, gratitude and friendship (I forgot the original description!).
c0198236_4363897.jpg


サン・ピエトロ寺院に入るには、チケットはいりませんがセキュリティーチェックの為、並ばなければなりません。列が長い時があると聞いたので、システィーナ礼拝堂の後ろ側にある団体用出口から出ました。階段を下りていくと音声ガイド返却ボックスがあるので、この出口を使う方は忘れずに返却しましょう!こうすれば、寺院に並ばずにさ〜っと入っていけるんですよ。
We really didn't want to wait in line to enter St. Peter's Basilica, so we followed the tours and exited from a back door in Sistine Chapel. There is an audio drop box on the way out, so don't forget to return your audio if you choose to exit this way!
サン・ピエトロ寺院
St. Peter's Basilica
本当におっきかった〜。
It was massive!
c0198236_445554.jpg
c0198236_4451632.jpg
c0198236_445281.jpg

c0198236_4473275.jpg

丁度スイスガードが行進をしていました。ユニフォームが可愛らしい!
When we visited, the Swiss Guards were marching in the Basilica.
c0198236_4482140.jpg
c0198236_4483353.jpg

バチカン市国を訪ねた際にやりたかったことが、ハガキを出すこと。ベニスとフィレンツェでカードを買って、家族に送りました。バチカンのスタンプはバチカンのポストからしか届かないので注意!
バチカンの郵便局
Post office
c0198236_59546.jpg

大変質素で慈悲深いことで有名な教皇フランシスコのスタンプ
c0198236_591954.jpg

郵便箱
Yellow posts outside of the Post office
c0198236_519449.jpg

もう一つできれば見たかったのが、大聖堂の地下にある墓地。英語かイタリア語のガイド付きツアーで(一人13ユーロ)、1グループ25人、一日250人の訪問が許されています。メールで予約しないと見られません。2ヶ月半前に申し込んだら、満員ですと断られてしまいました。旅行シーズン中は、4,5ヶ月前に予約しないと入れないのかも。
ネクロポリスツアーの申し込みの仕方はこちら→ Scavi tour
We wanted to visit necropolis under the Basilica. I sent an email request two and a half month before the requested date but it was already full. When in season, you may have to request 4-5 months in advance since they allow only 250 people per day.

ランチはカンポ・デ・フィオーリにあるフォルノで、ピザ・ビアンカを食べました。
We had a lunch at Campo de' Fiori
We got pizza bianca from Forno Campo de' Fiori.
c0198236_5225248.jpg

私が選んだのは、ズッキーニの花とアンチョビ。とっても美味しかった〜!
I had zucchini flower with anchovies and it was super yummy!
c0198236_5255860.jpg


午後は、ナボナ広場付近をお散歩。
Piazza Navona
c0198236_6372914.jpg
c0198236_638275.jpg

ナボナ広場は、噴水が有名。あと、色々なストリートパフォーマンスを見ることができます。
ショッピングをするなら、コヴェルノ・ヴェッキオ通り(Via del Governo Vecchio)がお勧め。
There is the Fountain of the Four Rivers in the middle of Piazza Navona. There are many street performers in the piazza, too!
If you want to go shopping, you can find really interesting shops on Via del Governo Vecchio.
c0198236_42216.jpg

c0198236_402882.jpg

イタリアらしいお土産が見つかるお店、L'Artiginato。ナボナ広場通りの中心にあります。雑貨屋さん、お洋服屋さん、アンティークショップ、ビンテージの服などのお店、そして、タイルのお店。
Roma A.D.
c0198236_3253862.jpg

パターンや絵の描かれたタイル、古いタイルを売っています。古いタイルは、古い家を解体した時に出てきたものなんでしょうか、Dolce&Gabbanaの別荘にあったタイルなどもありました。
ここのお店にいたおじさん、申し訳ないなあと思ったのが、値段を聞くたびにお姉さんに電話しなくてはならなかったんです。どうやら店番をしていただけみたい。イタリアは観光地ならほぼ英語で通じるけれど、このおじさんはあまり英語が話せず、ちょっとだけ覚えたイタリア語を使うことができました。タイルは大きさによってちょっとかさばるけれど、鍋敷きやペーパーウェイト、又は絵として飾ることもできますよ。

サンタンジェロ橋に座ってしばらくくつろぎました。
We sat and relaxed for a while on ponte Sant'Angelo.
c0198236_357451.jpg
c0198236_3575858.jpg


夕食は、トレステヴェレ地区へ。
ホテルのすぐ近くからトラム(路面電車)に乗って行きました。
We went to Trastevere by tram.
c0198236_4123237.jpg

まずはクッキーで有名なBiscottificio Innocentiへ。
(Mon-Sat 8-20:00、 Sun 9:30-14:00. Closed August 1-31st)
Biscottificio Innocenti
c0198236_4143394.jpg
c0198236_4145793.jpg
c0198236_4152119.jpg

美味しそうなクッキーがいっぱい!
前にいた地元の夫婦も、"ここのはどれも最高に美味しいのよ!”と注文しながら何度かこちらを振り返って言ってきて、次から次へと注文した後に、両手を挙げて"Basta! Basta!"。Bastaは十分という意味らしいですがたぶん、あ〜ほんとはもっと買っちゃいたいけれど、もう終わりにしなくちゃって自分に言いきかせていたようなかんじ。椅子に座っていた旦那さんも、両手を挙げて私たちの方をみながら"Basta!"(うちの奥さんはここにくると、ほんと買いすぎちゃうんだよとでも言っているような。。。)でも、ほんといろいろなクッキーがいっぱい並んでいて、全部試してみたくなっちゃう!
ちなみに、クッキーは量り売りです。
ちょっと難しかったのが、クッキーがカウンターの後ろ側にあって、指差しで注文できなかったこと。クッキーの名前もわからなかったので、お勧めのといって、色々選んでもらいました。
There were so many yummy-looking cookies! Just looking at them made me really happy!
They sell cookies by weight. It was a bit difficult for us to order since the cookies were behind the counter and we didn't know their names. So we asked Ms. Stefania to pick for us. Everything was delicious!
c0198236_4211622.jpg

ちょっと馴染みの無い味もあったけれど、どれも美味しかった!

夕食は、Da Enzoで。
We had a dinner at Da Enzo Al 29
c0198236_4365249.jpg
c0198236_4371150.jpg

ここで使われている卵、肉、ワイン、チーズは全てオーガニックで、野菜や果物なども近くの農家からのものだそう。特に、ユダヤ風アーティチョーク、カチョエペペ(コショウとチーズのパスタ)、ズッキーニの花の詰め物、塩鱈がおすすめだそうです。
前菜にズッキーニの花の詰め物(チーズだったと思う)
注文したものは、私はカチョエペペとパンザネッラサラダ(硬くなったパン、トマト、バジル、玉ねぎを合わせて酢とオリーブ油をかけて作られたもの。私はモッツァレラチーズを加え、バルサミコ酢を使って作ります)。
お母さんはサラダとカルボナーラパスタ。
だん吉くんはアンチョビのパスタと牛テールの煮込み。
This trattoria uses organic egg, meat, wine, and cheese. They are known for their Carciofi alla giudìa (Deep-fried artichoke), cacio e pepe (pasta with black pepper and cheese), stuffed zucchini blossoms, and salted cod.
We ordered zucchini blossoms to start. I had Enzo's panzanella salad, cacio e pepe, my mom had salad and carbonara, and Dan had anchovy pasta and stewed oxtail.
c0198236_4592498.jpg
c0198236_459402.jpg
c0198236_4595460.jpg
c0198236_5081.jpg

ズッキーニの花はさっくり揚がっていておいしかったです。パンザネッラサラダはアンチョビ入りで、ちょっとマヨネーズの味がきつすぎたかなあと思いました。カチョエペペはコショウは一杯入っていたけれど味が曖昧で、決まっていないなあという感じ。パスタの硬さはちょうど良かったです。だん吉くんの牛テールの煮込みは柔らかくてとても美味しかったぁ。日本人にも大変馴染みやすい味だと思う。
イタリアに来て思ったことは、肉料理にはハズレが無いなということ。かえってパスタは味にばらつきがあって、自分が美味しいなと思えるパスタを探すのが難しいなと思いました。
The stuffed zucchini flowered were very good. I didn't care for my panzanella salad. They added anchovy which was interesting, but too much mayo! I couldn't taste anything but mayo which was disappointing for me. Cacio e pepe was blunt and rather boring, however with good texture. I loved Dan's stewed oxtail! It was very tenter and full of flavors! I should've ordered that instead!

ローマ最後の夜だったので、ナボナ広場までお散歩。
Since it was our last night in Rome, we decided to go for a short walk to Piazza Navona. It was such a fun day!
c0198236_5141284.jpg
c0198236_514283.jpg


楽しい一日でした。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-06-03 06:04 | 旅行

ローマ*2

2日目は、遺跡巡り!
c0198236_1554065.jpg

(I love this picture! My mom and Dan!)

まずは、ホテルから出てすぐにあったトッレ・アルジェンティーナ広場。
ここには、共和政時代(帝政が始まるまでの紀元前508年 - 紀元前27年)に建てられた4つの神殿の遺跡と、ポンペイウス劇場の遺跡の一部があるんですって。(wikipediaより)
Largo di Torre Argentina
c0198236_12283839.jpg

帰ってきてから知ったんだけれど、ここって実は、カエサル(ジュリアス・シーザー)が暗殺されたと推定されている場所なんですって!知らなかったね、お母さん。
ポンペイウス劇場とその周りの建物の再現。
c0198236_15203335.jpg
(Image source: VRoma Project)
写真の中の、明るくなっているところが現在の広場にあたり、矢印がカエサルが暗殺された場所らしい。(ちなみに、写真編集はだん吉くんがやってくれました。ありがとうね!)この写真の一番右の神殿のほとんどは現在、道路の下に隠れているらしい。劇場の跡も、幾つか地下で見つかったりしているんだって。町の上にどんどん新しい町が作り上げられていく、重要な古代遺跡が町中に埋まっているなんて、やっぱりローマは凄い!!!
We didn't know this until now, but Largo di Torre Argentina is the place where Julius Caesar was believed to be assassinated! (The picture below shows the reconstructed image of the Theatre of Pompey and four Republican Roman temples. Part of the Highlighted section is the current Largo di Torre Argentina. The arrow indicates the possible location where Caesar was assassinated. Dan made this image for me since I have no idea of how to edit pictures!) The most part of the forth temple in the picture is now under a street. It just amazes me to think that all the important structures are sleeping underground and you may be walking on them!
この遺跡ね、あと有名なのが、猫!
野良猫たちの保護施設があるそうなんです。人懐っこい猫ちゃんたちで、かわいい!
地元の男性が顔を寄せてずっと話しかけていて、猫ちゃんもお友達のように聞いてあげているような、ほっとする姿も見かけました。猫好きにはたまらない場所ですね。
This place is famous for cats, too! Cute kitties all over!!! I saw one local gentleman talking to a cat for a long time and the cat looked like he/she was listening! This is a really great place for cat lovers!
c0198236_14171154.jpg

c0198236_14173460.jpg

c0198236_14181591.jpg


さあ混まないうちに、フォロ・ロマーノへ!
Roman Forum
c0198236_1521664.jpg
c0198236_15212327.jpg
c0198236_15214093.jpg

フォロ・ロマーノとカピトリーノの丘はあまり説明がないので、良いガイドブックか音声ガイドを持っていくと良いでしょう(私はケチなので、フォロ・ロマーノはリック・スティーブズの無料音声ガイドをダウンロードし、カピトリーノの丘は、事前に調べて書き留めたノートを持っていきました。)
Rick Stevesの音声ガイドはこちら(英語です、Scripts、説明を読むこともできます)→ Rick Steves Audio Tours for Europe

ローマパスがあるからコロッセウムは並ばなくていいね〜って言っていたら、セキュリティーチェックの為に並ぶ羽目に。チケットを買うラインも長蛇の列!ローマパスがない人は、フォロ・ロマーノかカピトリーノの丘のチケット販売所、またはオンラインで事前に購入しておきましょう(予約料2ユーロかかります。コロッセウム/フォロ・ロマーノ/カピトリーノの丘共通券はここをクリック
Colosseum
c0198236_15351487.jpg

c0198236_15353125.jpg

c0198236_15354831.jpg

コロッセウムからの景色
View from Colosseum
c0198236_1536225.jpg

c0198236_1538255.jpg


実はこの日にローマに来たのには、訳があるんです。それは、パレードが見たかったから!4月21日はローマの建国記念日。日曜日にパレードがあると聞いたので来てみたら、本当にやってた〜!
Rome's birthday is on April 21st and there was a parade going on !
(FYI, the celebration of Rome's birthday is usually on the weekend closest to April 21st.)
c0198236_15431545.jpg
c0198236_1543321.jpg
c0198236_15435147.jpg

c0198236_1550637.jpg
c0198236_15441291.jpg
c0198236_15443074.jpg
c0198236_15445232.jpg
c0198236_1545963.jpg


午後はカピトリーノの丘へ。
知らなかったんだけれど、フォロ・ロマーノと一緒に見なくてはならなかったらしく、お情けで入れてもらいました。
Capitoline Hill
c0198236_00112.jpg
c0198236_002215.jpg

カピトリーノの丘から眺めるフォロ・ロマーノ
Roman forum from Capitoline Hill
c0198236_004610.jpg

c0198236_13213487.jpg

遠くにサン・ピエトロ大聖堂が見える
You can see St. Peter's Basilica from Capitoline Hill
c0198236_011154.jpg

ちょっと分かりづらいけれど、
This is a place where a hut of the twins Romulus and Remus and shepherd couple was possibly located.
c0198236_0255483.jpg

ここ、実はロームルスとレムスが住んでいたとされる家の跡なんですって。
カピトリーノの雌狼
Capitoline wolf
c0198236_0291851.jpg

(Image source: Wikipedia, photo taken by Jean-Pol GRANDMONT)
この狼の乳を飲んでいるのが、双子のロームルスとレムスで、ローマ建国の重要人物。
神話によると。。。
軍神マルスとレア・シルウィアの間に生まれたロームルスとレムスは川に捨てられるが、川岸に無事たどり着いてメスの狼に育てられる。そして羊飼いの夫婦に引き取られて、大切に育てられる。成人になった双子は、自分たちが捨てられた地に都市を立てることにしたが、その時に双子の間で争いが起こり、弟のレムスは兄に殺害され、ロームルスがカピトリーノを拠点にローマを建設。
神話と言われていますが、最近この小屋の跡と思われるものの発掘され、狼に育てられていた時に住んでいた洞窟も見つかったらしいので、ただの神話だけではないかもって言われているんですって。
According to the myths, right after the birth of Romulus and Remus (mother Rhea Silvia, possible father god Mars), the twins was abandoned in the Tiber river. After they arrived safely to river bank, she-wolf nursed them, and shepherd and his wife fostered them. The twins eventually decided to found a new city. In the process of founding the city, they had disagreement, and Remus was killed by Romulus. Romulus found a new city, Rome, on Capitoline Hill. But now, in addition to the discovery of possible place where the twins and the shepherd lived, a cave where the twins and she-wolf possibly lived discovered. Some people believe that it is more than the myths!

予定ではカピトリーノ美術館に行くはずだったけれど、ヘトヘトに疲れてしまったので、外側だけ見て終わり。
美術館の後ろからみたフォロ・ロマーノ
Roman Forum from Capitoline Museum
c0198236_13275430.jpg

We were planning on going to Capitoline museum but we were very exhausted and had to lay down. Instead we just saw the museum from the outside and went back to our hotel.

ホテルで休んでから外に出てみたら、"あっ”ってお母さんが言うのでその方向を見てみると、
c0198236_13315959.jpg

おっきな虹!どうやら昼寝している間に雨が降ったらしい。しかもくっきりした虹!ラッキーだわ。お母さんは私たちのラッキーチャームかもね!
When we got out from our hotel, we saw a beautiful rainbow! So lovely!
My mom is our lucky charm!
ホテルからカンポ・ディ・フィオーリまでお散歩。
We took a walk from our hotel to Campo de' Fiori.
c0198236_13355291.jpg

c0198236_13361277.jpg

近くのお店をちょこっと見てからディナー。
ディナーはTrattoria Der Pallaro。
メニューはなくて、座ると次から次へと家庭的なお料理がでてきます(一人25ユーロ)。
前菜は色々なものがたくさんでて美味しかったです。ワインは口に合いませんでした。パスタはあまり味がなくて、個人的に茹ですぎだと思いました。お肉は味は良かったですが、ちょっと硬かったかな。デザートは自分で作った方が美味しいかも。持ち寄りパーティーに来たって思えば、そんなに悪くはないかな。
We had a dinner at Trattoria Der Pallaro. There is a fix menu (25 euro). We enjoyed our appetizers. I didn't care for their wine. 2 kinds of pasta were slightly overcooked and less flavorful. I liked the flavor of meat though they were a bit tough. I may be able to cook slightly better dessert than what they served. If we think we came to a potluck party, then it wasn't too bad!
c0198236_14263766.jpg
c0198236_1426554.jpg
c0198236_1427733.jpg
c0198236_14382767.jpg

c0198236_14273278.jpg


下のビデオ、古代ローマ(320 A.D.)がわかりやすく再現されています。ぜひお勧め!
The video below describes the ancient Rome (320 A.D.) very well. It makes me feel like I am watching Dan's video games without all the crazy fights!

*日本語のサブタイトルのつけ方。
右下の歯車をクリック→subtitles/ccのところがEnglishとなっているので、そこをクリック→スクロールダウンして、Translate captionsを選択(クリック)→白い四角の中をクリックして、Japaneseを選択(クリック)してOKをクリック。
日本語のサブタイトルは、はっきりいってひどいですが、豊かな想像で、こんな感じかな〜ととっていくと、50−60%くらいわかりますよ。
英語はまあまあできるけれど、早すぎるという人は、右下の歯車をクリックして、speedをnormalから 0.5にしてみると聞き取りやすいかも。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-06-01 16:04 | 旅行

ローマ*1

ローマ1日目。
ボルゲーゼ美術館の予約が午後3時で、バスで到着したらすでに2時50分。30分前にチケットを受け取らなければならなかったので、3時には入れませんでしたが5時のに予約してもらえました。ラッキー!
待ち時間の間に、有名なスペイン広場へ。
Spanish Steps
c0198236_12323237.jpg

人がいっぱい!"ローマの休日”とは大違いっ‼︎‼︎
Too many people!!! Way more than I expected!!

予定では夕方コンドッティ通りをお散歩(パッセジャータ=passegiata)するはずだったけれど、暑いし歩き疲れたし〜ということで、ちょっとだけ歩いて終わり。ブランド店がざーっと並んでいて、ショッピングにオススメの通りです。私たちは結局、近くにあったマックでジェラートを食べてプチ休憩して、また美術館へ。マックは今まで行った中で、一番お洒落!
Our first plan was to stroll through Via Condotti if we could get into the museum on time, which didn't happen. It was hot and too many people
and we walked more than we expected. Dan started to sound like a little boy who insisted on getting gelato. We walked a little bit but only found
one gelatelia with long line. So we decided to go to McDonalds to get gelato. It was the most stylish McDonalds I've ever been!
Via Condotti
c0198236_138951.jpg

ボルゲーゼ公園はとても広くて、時間があればゆっくりピクニックをしたりお散歩するのに丁度よい場所だと思います。
美術館の近くにある噴水、実は飲める水なんですよ。"犬が飲んでるから人間も飲めるよ”っていうお母さん、信じがたいので美術館の人に聞いてみたら、"美味しい水よ!”って言われました。噴水から飲み水なんて、贅沢!それにしても、犬が飲んでいるから人間も飲めるっていう判断はちょっとねぇ。。。
Suddenly my mom pointed at a water fountain near the museum and said, "We can drink water from that fountain". "Why?" I said. "Because I
saw a dog drinking water from it". I didn't believe her. We do not drink water from a mouth of a statue. She insisted that we can. So I asked a
lady at the museum and surprisingly she said "it's very good water!". Well I guess mom is always right. I am still not sure if it's a good idea to
follow dogs though...
c0198236_1374137.jpg


ボルゲーゼ美術館
Borghese Gallery
美術館に入るには予約が必要です。ローマパスを持つ方は、電話で予約、その時にローマパスを使いますと伝えましょう。
c0198236_1340149.jpg

ベルニーニのダビデ像。ミケランジェロのダビデ像とは随分ちがう。
Bernini's David.
c0198236_13401117.jpg

Bernini's Pluto and Proserpina
c0198236_13402794.jpg


ボルゲーゼ美術館からトッレ・アルジェンティーナ広場に出ているバスが見つからず、やっときたバスに乗ったら、運転手さんが何も言わずに出て行ったまま帰ってこない。結局、夜のレストランまで歩きました。中心街をちょっと離れると、バスは難しい!
We had a hard time finding a bus to get back to our hotel. We ended up walking to a restaurant we reserved for dinner. Sorry mom!

夕食は、Trattoria Dal Cavalier Gino。
c0198236_141617.jpg
c0198236_1412132.jpg

このお店は1963年から営業しているそうで、下町の食堂という雰囲気。ウェイターのおじさんはとても面白くて、笑顔と冗談が絶えない方でした。
せっかくローマに来たので、ローマ名物のパスタを注文!
だん吉くんは、カチョエペペ(Cacio e pepe)=ペコリーノチーズと黒胡椒で味付けされたパスタ
私は、アマトリチャーナ(Amarticiana)=豚頬肉の塩漬けとトマトとペコリーノチーズで味付けされたパスタ
お母さんは、カルボナーラ。カルボナーラって元々はローマ料理だったんですね!
そのほかに、だん吉くんはうさぎの煮込み、私はサラダ、お母さんはティラミスを注文。
ウェイターのおじさん、パスタを持ってくる時に"スプーンは使いますか?”と聞いてきたので、No grazie (ノー グラッツィエ)と言ったら、渋い顔をして"うーん、イタリアン”。"はい、お願いします”と言っただん吉くんには、"はい、どうぞ〜”ってニコニコスプーンを渡してました。観光客だから使うだろうと思って持ってきてくれたのに、悪かったかな?家ではスプーンなんて使わないのに、かしこまっちゃってだん吉くん!それにしてもお母さんも気が付いたのですが、イタリアではパスタをフォークに巻かずに食べる人を見かけるということ。どう言ったらいいんだろう、まあ豪快な食べ方とでも言ったらいいのかな?日本でもテーブルマナーは家庭によって色々だけれど、イタリアもそうなんですね。街で見かけてギョッとしたのは、ナイフでパスタを切ってから食べるアメリカ人を見たこと。初めて見ました!おうちでもそうやって食べてるのかしら?
お料理の写真は取り忘れたけれど、全体的にパスタは塩辛かったぁ。ワインを飲むと塩辛さが和らいでまろやかになり、下に隠れていたお料理本来の美味しさを感じることができたんだけれど、半分くらい塩いらないな〜。あと、パスタはやっぱり硬め。バリラ社のパスタの箱に書いてあるアルデンテより硬かったぁ。Wikipediaによると、ローマは他よりかために茹でる習慣があって、"鉄のアルデンテ”と呼ばれたりするんだって!(ちなみに、アイオワ州のエームズ市にバリラ社の工場があるので、アイオワのスーパーの多くが青い箱のパスタを取り扱ってるんですよ)それにしても、ワインはお料理の味を引き出すために飲むと聞くけれど、イタリアに来て初めて、その意味が分かった気がしました。
イタリアでの食事情を提供する、アメリカ人のkatie Parlaさんのお気に入りのトラットリアでもあるそうなので、塩多めのお料理が平気な方は、試してみる価値あるかも。ローマでお食事しているなって気持ちにさせてくれるのは間違い無し!
パーラさんお気に入りのトラットリア, recommended trattoria in Rome by Katie Parla 2013
Trattoria Dal Cavalier Gino was established in 1963 and has a very friendly warm atmosphere. Our server was very cheerful and quick. We
ordered cacio e pepe (pasta with Pecorino and black pepper), Amatriciana (pasta with Pecorino, cured pork cheek, and tomato), and Carbonara
(Pasta with egg, cheese, bacon, and black pepper). We also ordered stewed rabbit, salad, and tiramisu. I have to say all the pasta were overly
salty to me. Dan really liked his cacio e pepe but I had to sip a little more wine in order to mellow down the boldness and actually taste the flavors
hiding under the pile of salt! Pasta was hard too. It was harder than what Barilla says as 'al dente'. It was more like "molto al dente" but I've
heard that the way Roman tend to cook pasta. The place made me feel that I was dining in Rome and I think that the most important thing when traveling!

帰りはまた歩いてホテルへ。途中でパンテオンを眺めて。。。
c0198236_1626465.jpg

We walked back to our hotel. On the way back, we stopped at Pantheon. I really loved strolling at night in a big cities in Italy!

おやすみ。。。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-30 16:55 | 旅行

ローマ

フィレンツェから長距離列車でローマに到着。
ローマの駅はスリが多くてちょっと怖いと聞いていたけれど、そんなでもありませんでした。この人はスリをやっているんだなっていう人は見かけたけれど、周りに注意してあるけば大丈夫。
最初にローマパスを駅内で購入。オンラインでも買えるけれど、受取場所を指定しなければならないので、ついてから買った方が便利です。駅では、24番ホームの脇にあってわかりづらく、ちょっと探してしまいました。空港Cゲート、インフォメーションオフィス、美術館や博物館でも購入できます。事前にどの場所で購入できるのか調べておくと便利ですよ。
ローマパスは、3日間市内バスや地下鉄が乗り放題で、最初の2つの美術館・博物館が無料。3つ目から割引。人気のコロッセオなどでは、チケットを買うために並ばなくて良いので大変便利です。
2日間パスも出ていますよ。
We arrived to Rome from Florence by train.
We heard that Roma Termini is a bit dangerous, but it didn't look as bad as I thought. Sure we saw beggars and people who looked fishy, but as long as we be careful and aware of our surroundings, it's an OK station. They didn't have much signs and a bit confusing. We had to circle around to find a info. station where they sold Roma Pass - Their desk is near the line 24 platform.

私たちの泊まったところは、トッレ・アルジェンティーナ広場のすぐ近く。荷物があるのにバスはちょっとね〜とぐずっているだん吉くんを横に、バスでもいいよねっと凛々しくバスを待つ私と母。しかも待っていたのは、スリで有名な64番!キャリーオンのスーツケースを持っていたので、一番後ろに立ち乗り。後から後から人が乗ってきてぎゅうぎゅう詰め。大きなスーツケースを持っている人にはバスはおすすめできません。特に荷物が多い場合、バスに乗る前にしておくと良いのは、外に出ているものはなるべく最小限にし、ポケットに入れてある携帯やお財布はバッグの内側ポケットに収納し、バッグは必ず斜めがけで前に持ってくる。満員車の場合、周りをよく観察し、降り場が近づいてきたらscusi(スクージィ=excuse me, すみませんの丁寧語), Scusa(スクーザ = excuse me, すみません), Permesso (ペルメッソ= すみません、通してください)と言って、どいてもらいましょう。誰かが自分の行く先を憚っていたら、その人の顔を見て笑顔で言うとGood。日本でも海外でも、挨拶は大切です。上手でなくてもいいんです。礼儀正しく友好的であるという事が、上手な旅行の秘訣の一つだと思います。
We decided to take a bus to get to where we stayed. We took #64 bus which is famous for pickpocket. I was a bit nervous since we had our luggages and the bus was totally packed. I would say if you only have a carry-on, then you can take a bus but otherwise it's smarter to take a taxi!

泊まったところは、Relais Teatro Argentina
c0198236_5395214.jpg

可愛らしいお部屋!バーが下にあるのか週末はちょっとうるさかったけれど、オーナーのPaoloさんは親切で丁寧な方でした。場所は最高!ほとんどの観光スポットまで歩いて行けます!有名なリック・スティーブスさんのガイドブックにも、パンテオン付近に泊まるのがベストって書いてあるんですよ。

Relais Teatro Argentina
Via del Sudario, 35 - 00186 Roma
Tel. 06 98931617
ダブル:210ユーロ、トリプル:255ユーロ、(シーズンによって変わりますのでただの目安として. 現金で支払うとディスカウント有り)
エアコン有り。無料ネット接続。階段あり(エレベーターなし)。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-27 06:14 | 旅行

フィレンツェのワンちゃん

フィレンツェでも、可愛らしいワンちゃんたちがお散歩してました。
ここでも、夜になると放し飼いでお散歩しているワンちゃん。

イタリアングレーハウンド。お洒落なタッセル付き皮の首輪をしてる〜!さすがイタリア!
Italian greyhound. They were wearing leather collars with tassels! So fashionable!
c0198236_19543175.jpg


店番ワンちゃん。かわい〜!でも、ちょっとぎゅうぎゅう詰めね。。。
c0198236_201579.jpg


ウフィツィ美術館のワンちゃん。
"あそんで〜〜〜”
c0198236_2042265.jpg


*おまけ*
お食事中の馬さんたち、ムシャムシャ
c0198236_2063477.jpg

[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-13 20:09 | 旅行

フィレンツェ*3

フィレンツェ3日目。
この日は美術館巡り!

サン ミニアート アル モンテ教会
Basilica di San Miniato al Monte
駅から12番のバスに乗って、ミケランジェロ広場まで(教会へのバス停は1つ前)。景色を見てから登っていくと、教会!
We first took a #12 bus from the station to Piazzale Michelangelo (the bus stop to the church is one stop before), look at the beautiful view of
Florence, then walked up to the church.
c0198236_9255657.jpg

ここは昔、ローマ皇帝の命令によって斬首刑に処せられた聖人ミニアートが、自分の頭を拾ってアルノ川を渡り、丘を登って隠者として生活していた洞穴に戻った事から、その場所にこの教会が建てられたとの言い伝えがあります。
c0198236_9261027.jpg
c0198236_926218.jpg
c0198236_9263164.jpg

中は薄暗くてひんやりとしていて、とても落ち着きます。
朝行ったら、一人の修道士の方がパイプオルガンを弾いていました。
We visited the church in the morning. There was a monk playing organ. Such a wonderful experience to see the church with lovely music!
c0198236_927342.jpg

オルガンの演奏を聴きながら見る事が出来たので、とてもよかった!
大きなモザイク画は、有料でライトアップされます。誰かが献金してくれたので、2回も見る事ができました。ライトアップされると本当にきらびやかで美しい!
c0198236_9333538.jpg

これっ、かわいい!
So cute!
c0198236_9273011.jpg

ここね、実は夕方も来たんです。午後5時半から普通の礼拝が始まり、午後6時半からグレゴリオ聖歌を聞く事ができます。心の奥まで響く歌声でとても美しく、聞いていて心がとても穏やかになりました。
We visited the church again in the evening for the evening service and the Gregorian Chant. It was very beautiful and very soothing. We were very tired when we got to the church, but I felt light and calm after I listened to it. Such a precious experience!
c0198236_9274647.jpg

敷地内では、修道士の方が作った蜂蜜、お酒、ハーブティーなどが売られています。
c0198236_929196.jpg

外からの眺めは最高!
c0198236_11581444.jpg
c0198236_11582242.jpg


ランプレドットのパニーノ(もつ煮込みサンド)を買って、シニョリーア広場でピクニック。
We bought Lampredotto panini since Florence was famous for Lempredotto. It was ok for me. I don't usually eat sandwiches with lots of meat anyway (I prefer vegetarian), so I made a wrong choice. If you like meat, you may like this!
c0198236_1172445.jpg

c0198236_117388.jpg

ランプレドットはフィレンツェの伝統料理だという事で食べてみたけれど、モツ煮込みがそんなに好きではない私、普通の野菜がいっぱい入ったサンドイッチの方が良かったな。。。なんて。お母さんが、日本のより癖があるって言ってました。でも、モツが好きな人は美味しいと思います。

ウフィツィ美術館
Uffizi Gallery
c0198236_11462118.jpg

c0198236_11212934.jpg

c0198236_11214021.jpg

この像のポーズが、'ヴィーナスの誕生'の女神のモデルとなったそうです。
This statue was the model of 'The birth of Venus'
c0198236_11241799.jpg

横から見ると。。。
なんか、"おっさん、あんた何やってんのよ?”って言ってるみたい。
c0198236_11381772.jpg

有名な、ミケランジェロの聖家族も奥に見えます。
c0198236_1142556.jpg

窓から見た景色
c0198236_11434356.jpg


ベッキオ橋
Ponte Vecchio
宝石屋さんが沢山!
c0198236_11484472.jpg


ピッティ宮殿
Pitti Palace
c0198236_11495146.jpg

ここね、前がががっと坂になっているんですよ。写真ではちょっとわかりにくいかな。ウフィツィ美術館をゆっくり見てきたあとで疲れていたので、さ〜っと。
ボ-ボリ庭園-Boboli Gargens
c0198236_11535234.jpg

c0198236_11552611.jpg

とっても疲れたので、座れるところを探して休憩。1時間くらい座ってました。
By the time we got to the gardens, we were so tired we had to just sit for a long long time!
c0198236_11551592.jpg


ディナーはAll' Antico Ristoro Di Cambiで。
c0198236_12123244.jpg

c0198236_12133977.jpg

ここは、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風ステーキ)で有名!熟成されたキアーナ牛のステーキを食べることができます!
This place is famous for Bistecca alla fiorentina!
They serve air-dried Chianina beef that is priced by weight (40 euro / kg)
c0198236_12162791.jpg

お肉がかなり大きいので、私とお母さんはパッパ・アル・ポモドーロ(硬くなったパンをトマトソースで煮込んがパン粥)、だん吉くんは、パスタのプリモ。トマトの味が濃厚で、とっても美味しかった〜!家でも作ってみよっ!
My mom and I had Pappa al pomodoro. It's a traditional Tuscan soup that is made with stale old bread, tomatoes, garlic, basil, and olive oil. It is really yummy poor man's dish! I have to try to make it sometime soon!
c0198236_12413819.jpg

そして、おっきなステーキ!1.3kg!普通は一人500gが目安なんですって!
And, here is our steak! 1.3kg! It was really good!!!
c0198236_1750445.jpg

甘みがあって柔らかくて癖もなく、とっても美味しかった〜!胃にもたれないのもうれしいっ!

*おまけ*
夕方のフィレンツェ
c0198236_1755643.jpg

[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-13 17:57 | 旅行

フィレンツェ*2

1日観光詰め!

メディチ家礼拝堂
Medici Chapel
c0198236_2122990.jpg

八角形の君主の礼拝堂
壁が彩色大理石と半貴石で飾られ、石の持つ力強さと重さと美しさに圧倒されました。
c0198236_212666.jpg

c0198236_22193148.jpg


壁がピンクでポップ!ディスプレイにわぁ〜と思って思わずパチリ。
Wow, look at this display! A pope's mitre and a crozier with pink background!
c0198236_21262517.jpg

ミケランジェロの彫刻、夕暮と曙。
Tomb created by Michelangelo, Dusk (left) and Dawn (right)
c0198236_21331614.jpg


バルジェッロ美術館
Bargello
c0198236_21392815.jpg

ガォ〜
c0198236_21393890.jpg
c0198236_21395139.jpg


サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂
Basilica di Santa Maria Novella
c0198236_2147142.jpg

c0198236_2147361.jpg
c0198236_21474596.jpg

c0198236_23491689.jpg

フィリッピーノ・リッピ(Filippino Lippi)の作品。床のドラゴンがオナラしてる〜!
Can you spot the farting dragon?
c0198236_215634.jpg


サンタ・クローチェ教会
Santa Croce
c0198236_22354737.jpg

c0198236_22351387.jpg

この教会は、ミケランジェロが子供時代に通った教会なんだそう。
ミケランジェロ、ガリレオ、ダンテ、マキャヴェッリのお墓もあるんですよ。
Tombs of Michelangelo and Galileo.
c0198236_2236956.jpg

c0198236_22363475.jpg


ヴェッキオ宮殿とシニョリーア広場
Palazzo Vecchio & Piazza della Signoria
c0198236_22445845.jpg

ランツィの回廊ーLoggia dei Lanzi
c0198236_22451325.jpg


ここでジェラート休憩
gelato break
Perché no!
c0198236_22555420.jpg

1939年創業の老舗のジェラート屋さん。ジェラートは毎日朝手作りで、無添加なんですって。美味しかった〜! 
The gelateria was founded in 1939. They make fresh gelato every morning with natural ingredients. Their gelato was really good!

もう帰ろうかっていっていたら、中世のパレード!
色鮮やか。靴まで可愛い!
Medieval parade. Their clothes were very cute, even their shoes!
c0198236_231441.jpg

c0198236_2311757.jpg
c0198236_2312967.jpg


あっ、そうそう、この広場の良い所は、宮殿の横に水飲み場も付いていること。ガス入りのお水もでるの!
You can fill your water bottles with filtered water (I think) and sparkling water.
c0198236_2341011.jpg


ランチは、フィレンツェ中央市場メルカートチェントラーレで。
Mercato Centrale
1階が食料品店、2階がフードコートとなっています。日本人の店員さんもいらっしゃって(8人働いているって聞きました!)、お買い物もしやすそう。
c0198236_2364956.jpg

おじいさんがえいってお肉を叩き切ってる、豪快!
c0198236_237387.jpg

色々試せて、美味しい!
c0198236_238671.jpg

c0198236_2383293.jpg

c0198236_2382018.jpg

c0198236_2384664.jpg


ディナーはOsteria Vini e Vecchi Sapori。
旦那さんのMarioさんが経営、奥さんがお料理、息子さんがサーバー・ホストのお店。
メニューは日替わりで、新鮮な素材を使った美味しい料理がたべられますよ!
お店は小さいけれど、とても人気があるので要予約!
c0198236_23352351.jpg

c0198236_23354026.jpg

c0198236_23355711.jpg

c0198236_23363984.jpg

生アーティチョークのサラダ。
生のアーティチョークは初めて!もう2−3週間も前なので味をよく覚えていないのですが。。。硬いのかなと思ったらそうでもなく、ほのかな甘みもあって、とても美味しかったっていうのは覚えてます。
Artichoke salad
c0198236_23365456.jpg

パッパルデッレ(パスタ)とアヒル肉のソース&パスタとズッキーニの花のクリームソース
Pappardelle with duck ragu & Pasta with zucchini flower
c0198236_23584747.jpg

アーティチョークの詰め物
Stuffed artichoke
c0198236_001310.jpg

ラム肉のグリルとポテト
Grilled lamb with potatoes
c0198236_00354.jpg

ごちそうさまでした!

ディナーのあとは、3人でお散歩。
広場でチャップリン風の人が何かやっていたので覗きにいったら。。。
c0198236_035711.jpg

なんとこのあと、だん吉くんがさらわれてしまった。。。みんなの笑いをとるお手伝いをさせられる羽目に!
家族から見たら、はずかし〜って感じだったけれど、本人は楽しかったって言っていたので良い記念になったかな。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-13 00:29 | 旅行

フィレンツェ*1

Florence!
フィレンツェに着いたぞ!
c0198236_2063255.jpg
c0198236_206435.jpg

着いた時には午後4時をまわっていたので、7時まで開いているアカデミア美術館に行きました。

アカデミア美術館
Accademia Gallery
有名なダビデ像
c0198236_207781.jpg


夕食は、L'Osteria di Giovanni
c0198236_2071952.jpg

c0198236_2073021.jpg

お通しのシャンパンと揚げパスタ
美味しい!
Champagne and deep fried pasta-yum!
c0198236_2074670.jpg

前菜の盛り合わせ
生ハムは甘みがあってとても美味しかったぁ
c0198236_2075890.jpg

うさぎさん
外側はちょっとしょっぱかったけれど、しっかりとした味で柔らかくて美味しかったです。
c0198236_2082039.jpg

このほかに、母はトスカーナ地方の郷土料理ピチ(パスタ)、私たちは洋梨の入ったパスタを食べました。歯ごたえが、中まで煮え切っていないすいとんのような感じで、あまり口に合いませんでした。あれだけ皮が厚いと中身の味を邪魔してしまうのでは、厚いのなら中国の餃子の皮のようにもちもちしていたらなあと、やっぱり日本人の舌をもっているのかなあと実感。
最後に食後酒とビスコッティ
c0198236_2091927.jpg

ここは量がとても多いので、申し訳ないなあと思いながらお肉も残してしまったし最後のビスコッティもちょびっと味見しただけ。パスタとお肉をそれぞれハーフオーダーでちょうど良かったかも。
ここは、サービスと前菜とお肉がオススメ。パスタは好みによると思います。
The portions were very generous. Their service was great. We enjoyed their antipasti and meat dishes. We didn't care for their pasta.

お腹がブクッと膨れてどっしりと重くなってしまったので、一旦ホテルに帰ってからまたお散歩。
フィレンツェの夜のお散歩も楽しい!人も結構歩いていて安全です。
Florence at night. It's very safe to walk at night and fun!
c0198236_20245456.jpg
c0198236_2025692.jpg
c0198236_20251690.jpg
c0198236_2025279.jpg


泊まった所は、Residenza dei Pucci
MirellaさんとMarinaが経営するB&B
c0198236_20311751.jpg

部屋から見える景色。都会だわ。
c0198236_20313643.jpg


Residenza dei Pucci
Via dei Pucci n°9
Tel. (+39) 055-281886
シングル:135ユーロ、ダブル:150ユーロ、トリプル:170ユーロ、クアッド:238ユーロ(シーズンによって変わりますのでただの目安として)
エアコン有り。無料ネット接続。階段あり(エレベーターなし)。
[PR]
# by mmayfkd | 2015-05-12 20:40 | 旅行