今日もあいおわ

mayugezaru.exblog.jp

カテゴリ:お料理( 98 )

初めてのジャム作り!

最近、こんな所を走っています。
c0198236_13235363.jpg

大学のクロスカントリーコース。
広々としていて景色もいいし、なによりも、マグマグと一緒に走れるのでお気に入りの場所。
夕暮れ近くに行くと、お食事中の鹿の群れに出会うことも。
1周約3キロ、なので一周だけ。。。
うちからここまでの往復が約6キロ。行きはなるべく早歩き、帰りはだらだら。

帰り道に、前を走っていた子達が何かをとって食べているのを発見!
何だろうと見てみたら、サクランボ? 
c0198236_13411811.jpg

食べてみると、甘酸っぱい!プラムみたいな〜。。。。帰って早速調べてみたら、山プラム"Wild plum"だって!そんなものがあったのね。
美味しかったので次の日はビニール袋を片手に走りにいき、終わったら速攻プラム狩り。だん吉くんにも手伝ってもらって、約15分くらいでこんなに集まりました!
c0198236_13464186.jpg

約2キロ!
c0198236_13482922.jpg

普通ではだん吉くんがまずいというので、ジャムを作ることに。

初めてのジャム作り!イチゴとか、一般的なものから始めた方がいいかなあと思ったけれど、まあ、タダだしね。
想像以上に大変だったのが、種取り。サクランボのようにちっちゃいプラムの種を、ひとつひとつ切りながら取っていったの。いや〜、大変だった。手がきたなくなるし。今度作る時には種なんか気にせずに、全部煮込んでしまおう。

そして、砂糖1キロ、レモン汁1個分、ラベンダーの花大さじ1を入れて冷蔵庫で一晩お休み。
c0198236_13533759.jpg

そうすると実から汁がでてくるので、次の日、鍋にいれて火にかけて砂糖を溶かして。。。
c0198236_1355249.jpg

ボウルに戻して、パーチメントペーパーかワックスペーパーをかぶせてまた3〜24時間お休み。
c0198236_13572013.jpg


さっ、瓶詰めの時間!
詰める容器を熱湯で殺菌(沸騰させてはだめなんだって)
c0198236_13592430.jpg

その間にジャム作り。
実を取り出して汁だけに。そして、沸騰させてちょうどよい滑らかさになるまで煮込んで〜。
煮込んで〜。
あれっ?ジャムにならない。レシピでは10分くらいといっていたのに。
またまた煮込んで〜。
15分過ぎてもジャムのようでは無かったけれど、冷凍庫に冷やしておいたお皿にのせてみると、すぐにジャムに!煮込み過ぎ!!! (ほんとうなら、1−2分ほど冷凍庫に戻してからとろみを見るはずらしいです)
急いで瓶に詰めて、蓋をして、熱湯に入れて、10分沸騰。そして、タオルの上に出して、次の日までお休み。

これが出来上がり。
c0198236_1483388.jpg

ちゃんと瓶に入っていて、ジャムみたいでしょ!
ちゃんと蓋の真ん中を押しても戻ってこなくて、しっかり密封!
うきうきしながら蓋を開けて、スプーンですくって〜。
って、すくえないよ〜!かなり、固まってしまった。硬い水飴みたい。
砂糖1キロも使ったのに!!!ゴミ箱行き?!
こんな時、インターネットって素晴らしいなあって実感。
‘煮詰めすぎたプラムジャムを救う方法’って検索したら、結構でてきましたよ!
その中で、“煮詰めすぎたジャムを鍋に開けて、8オンスのサイズだったら1/4カップの水を加えて沸騰させる”というのが。
鍋に開けるのがめんどうだったので、瓶ごと湯煎しながら沸騰させて、そこに沸騰させた水を加えてスプーンでまぜまぜ。すると、ゆるめのジャムに変身!!!
味は甘酸っぱい梅ジャムみたいな感じ。
ミルクプリンにかけてもGOOD!
c0198236_14235321.jpg

ヨーグルトにかけても美味しかったです。
おとなりさんとだん吉パパママにあげようと思ったけれど、ちょっと無理ね、今回は。

まだなっていたら、ジャム作り、もう一度挑戦してみようかな〜。
[PR]
by mmayfkd | 2012-08-18 14:30 | お料理

Happy birthday Julia!!!

今日は有名な料理研究家、ジュリア・チャイルドの生誕100周年!
アメリカに初めてフランス料理を紹介した人。
飾らない,気さくでチャーミングな性格が彼女のお料理番組でもみられて、いつも魅了されてしまう。

Cook and cook and keep on cooking!



Bon appetit!
[PR]
by mmayfkd | 2012-08-16 13:48 | お料理

色々トマト

庭で採れたミニトマトちゃんたち。
c0198236_13541525.jpg

色とりどり!
紫(Black)のはちょっと甘酸っぱくて、他のはお砂糖のように甘〜い!
もっともっと実をつけてね〜。
[PR]
by mmayfkd | 2012-08-06 13:55 | お料理

New Food Blog

新しいレシピブログを始めました。
前にあったブログを混ぜたので、1月からスタートしてます。。。
英語版はなかなか続かない。。。
今回のはどのくらい続くかな?

こちらからどうぞ→ Her Yellow Kitchen
[PR]
by mmayfkd | 2012-07-29 19:33 | お料理

今年初のBBQ!

今日は23度もありました。
暖かかった〜。 アイオワじゃないみたい。
なので、今年初のお外でバーベキュー! (お隣さんもバーベキュー!)
だん吉くんが、豚のリブ肉をグリルしてくれました。
できた頃には暗くなっちゃったけれど、せっかくなので外でお食事。
c0198236_13573410.jpg

おいしかった〜。
このまま、どんどんあたたかくなぁ〜れ!
[PR]
by mmayfkd | 2012-03-14 14:00 | お料理

カクテルとおつまみのクラス

先週のことになってしまうけれど、カクテルとおつまみのお料理クラスに行ってきました。
場所は、スウィッシャー市にあるCedar Ridge Vineyardsというところ。
c0198236_12412384.jpg

ワイン、ウイスキー、ラム酒などを作っているんだって。
c0198236_1313240.jpg


クラスの前に、まずはおかわり自由のワインを一杯。
受付のお姉さん、“あんまり飲み過ぎるとクラスで飲めなくなっちゃうわよ”だって。
確かに。

最初に教えてもらったのが、‘ヴェスパー’。
c0198236_1301365.jpg

ジンとウォッカとリレ・ブラン(Lillet blonde)を氷と一緒に混ぜたもの。リレ・ブランとは、ボルドー産ワインに、ストラス系フルーツリキュールをブレンドした甘口のもの。
このヴェスパー・マティーニ、別名はなんと、‘ボンド・マティーニ’!
実は、“007 カジノ・ロワイヤル”(1953年)の小説の中でジェームズ・ボンドによって作られ、ボンドガールのヴェスパー・リンドの名前にちなんで名付けられたんだって。
味は... 
強すぎて、正直まずかった〜。オエッ。
おつまみは、クリームチーズの詰まったオリーブのフライ。これはGood!

次が、‘マイタイ’。
c0198236_13125657.jpg

ラム酒、ライム汁、オレンジ汁、アーモンドシロップ、トリプルセック(キュラソー)を氷と混ぜてシャカシャカしたもの。
ちなみにトリプルセックとは、オレンジの果皮を使って作られるフルーツ系のリキュールのことだそう。
今回使ったオレンジがこれ。
c0198236_1313226.jpg

ブラッドオレンジ。名前のように、血に染まったみたいでしょ!普通のオレンジより甘め。

おつまみは、バゲット(フランスパン)にイチジクのペーストとマンチェゴチーズ(羊のチーズ)をのせて焼いたもの。とても美味しかったです。

最後が、‘グラッパ・サワー’。
c0198236_13283197.jpg

これ、一番美味しかった〜!ベリーグッド!
名前の通り、グラッパというイタリアの蒸留酒が使われています。ブドウの搾りかすを発酵させ、蒸留して作られているんだって。
サワーには、グラッパの他に、レモン汁、ライム汁、シロップ、卵白が含まれています。

おつまみもおいしかった〜。
トルティーヤにスパイスをまぶしてオーブンで焼き上げ、その上にとマトベースのスパイシーなエビとソーセージをのせたもの。ご飯やキンワにかけても美味しいだって!絶対後でトライしなくちゃ!

やっぱりちょびっとのおつまみとお酒ではお腹が満たされなかったので、アイオワシティにあるEl Pasoでタコスを4個づつ買ってお持ち帰り。
ここ、メキシコ系食料品店なんだけれど、お店の片隅でメキシコ料理も売ってるの。そこにはテーブル一つに椅子4つしかないので、お持ち帰りがお勧め。
人なつこそうなおじさんが作ってくれるんだけれど、英語とスペイン語のちゃんぽんで話してくるので、だん吉くん、頑張ってスペイン語で注文。おじさん、英語ぺらぺらなかんじするけれど。。。どうなんだろう。でも、英語以外で注文できるのって結構楽しい!

さっ、これがタコス。見てっ、美味しそうでしょ!
c0198236_13343388.jpg

手にすっぽりおさまってしまうちっちゃなタコスなんだけれど、シンプルで、おいし〜の。メニューにチキンはなかったんだけれど、“チキンがいい”といったら入れてくれました。わがままアジア人で、申し訳ない。
一つ$1.50、4個で$6。お勧め!

すっかり満腹になった後は、そのままソファーで朝までぐっすりでした。
[PR]
by mmayfkd | 2012-03-14 13:51 | お料理

雛祭り

昨日は雛祭り。
朝は実験室、そしてお昼からだん吉くんとおデート。
お昼ご飯はアイオワシティのダウンタウンにあるMoonrakersで。
だん吉くんはモッツァレラと生ハムが乗せられたトスカーナ風ハンバーガーにフライドポテト。わたしはポテトと豚肉の入ったエンパナーダ(パイ生地に具がはさんであるもの)にサラダ。エンパナーダ、初めて食べたけれどとても美味しかったです。でも、ちっちゃかったの〜。バーガーのようにかぶりつかずに、すぐに無くならないよう、フォークとナイフでちょびちょび食べました。
やっぱりお腹がいっぱいにならなかったので、近くの食料品店でカンノーロ(カノーリ)を買ってやっと満腹!
c0198236_10233653.gif

このあとお目当ての眼鏡。だん吉くん、8年間同じ眼鏡をかけていたんです。随分物持ちの良い事!でも見えないって、そりゃ〜8年もすれば視力も変わるでしょ。。。
ダウンタウンのお店のものは個性的なものばかりだったので(しかも高いし)、結局モールでお買い物。

ちょっぴり疲れていたけれどやっぱり雛祭りの日なので、それらしい夕ご飯(?)を作りました。
ひし形の酢めし。
c0198236_1155766.jpg
見えにくいけれど、
下段:アボカドとマヨネーズご飯
中段: 普通の酢飯
上段:ゆかりわかめの酢飯
型は牛乳パック!
一応、桃色、白、緑なんだけれど、分かる?

揚げ出し豆腐。
c0198236_1037054.jpg

早速、この前送ってもらったゆずジュレを使ってみました。さっぱりしていて美味しかったよ。だん吉くんも気に入ったよう!
今度は何につけよかな〜。

春らしく、アスパラと白玉の入ったお吸い物を作るはずが、時間が無かったのでねぎだけのビンボウさんみそ汁。

そしてデザートはこちら。
c0198236_10404635.jpg

ちょりママさんのこちらのレシピを参考にさせて頂きました。 → 3層レアチーズプリン
簡単だし美味しくて、おもてなしにGOOD!
一段一段冷やしていく時に、わたしは器にいれたら冷凍庫で10−15分冷やしました。その方が早い気がしたので。ちっちゃめの器を使ったので、4人分作れました。
春らしいのでイースターにぴったりかなと思い、だん吉くんの家族にも喜んでもらえるか聞いたら、“うちの家族に作るなら、イチゴソースに砂糖を入れた方が良いと思う”だって。プリンにグラニュー糖40グラム入っているので丁度良いと思うんだけれど、やっぱり“甘っ!”っていう刺激がないとだめなのかしら。
あ〜、ほのかな甘さを美味しいと味わえる日本人でほんと良かった〜!

*まめ知識*
そういえば、雛祭りの色がなぜ桃色(赤)、白、緑なのか知ってます?
桃色(赤):クチナシの実で色づけ。魔除けの意味。桃の花をイメージ
白:菱の実が入っている。子孫繁栄と長寿の意味。雪をイメージ
緑:蓬で色づけ。厄よけの意味。芽吹きをイメージ。


ふだんごはん in あめりか更新しました。レシピじゃないけれど、よかったら読んでね。
[PR]
by mmayfkd | 2012-03-05 11:08 | お料理

太った火曜日!

今日は‘Fat Tuesday’!
ニューオーリンズのマルディグラと言えば、ぴんとくるかな?
マルディグラとはカトリックのお祭り。カーニバルやパーティーなど、とても賑やかになります。1月6日(クリスマスから12日目)から‘太った火曜日’がお祭り期間。明日は‘Ash Wednesday (灰の水曜日)’で復活祭の46日前にあたります。カトリックの人は明日から食事の制限をし、肉を控え、常に悔い改める事が勧められているそうです。
食べられなくなる前にいっぱい食べちゃえ〜ということで、太った火曜日にいっぱい美味しい物を食べるんだって!
昔は冷蔵庫などが無かったので、食べられなくなる前に長持ちしない物は食べてしまおうという事でもあったとか。

普通の日なのでフツーに過ごしましたが、ニューオーリンズ料理でちょっぴり‘Fat Tuesday'気分。
作ったのがこちら。
c0198236_1350827.jpg

エビのエトゥフェ。ニューオーリンズで有名らしい。聞いた事の無いお料理。
なので、どんな味になるのか???
とりあえず、挑戦してみましたよ。
一番大切なのが茶色のルー。バターを溶かして小麦粉を混ぜて、根気よく混ぜながら焦がさないようにルーを作ります。そこに刻んだピーマン、タマネギ、セロリ、ニンニク、スパイスを加えて炒め、エビのだし汁を加えて40分ほど煮込みます。私はエビのだし汁がなかったので、‘鰹だし’と‘ナンプラー’でごまかして。。。絶対、味違うよね。。。でも本物がどんな味か分からないから、まっ、いっか。
 トマトの水煮(缶)も加えました。これは好きずきらしい。
そして最後に、スパイスを絡めたエビを入れて7−8分煮ます。あつあつのご飯にかけて、できあがり!

結構おいしかったですよ、‘日本のダシ’を使ったわりには。だん吉くんも、なんちゃってエトゥフェに大満足!

だん吉くんが作ってくれたのが、ハリケーンというカクテル(一応これで、マルディグラ気分!)。
c0198236_1421230.jpg

ラム酒、オレンジシュース、ライムジュース、赤いグレナデン・シロップ、砂糖を混ぜたもの。
さっぱりしていて飲みやすかった! 

太った火曜日、ごちそうさま!
[PR]
by mmayfkd | 2012-02-22 14:25 | お料理

七草がゆ

7日と言えば七草がゆを食べて無病息災を願う日。
7つ草を集めるのが面倒だったので、お正月の余り物で2草(?)がゆを作りました。
c0198236_1513865.jpg

具は、二十日大根と大根のみ! 
残りご飯、水、顆粒チキンブイヨンを鍋に入れて火にかけ、15分ほど煮込んだら具をいれて更に2−3分煮てできあがり。簡単だけれど、美味しくできました。だん吉くんもコーヒーと一緒に食べてました。ちょっと、組み合わせが悪いような.... 

知らなかったのですが、七草がゆを作るのに、前日に七草を包丁などでお囃子を歌いながらたたき、7日の朝におかゆに入れるんだそうです。
七草囃子は地方によっても違うそうで、
“七草なずな、唐土の鳥が 日本の土地に 渡らぬ先に、七草なずな せりたたけ”などがあるそう。
渡り鳥が渡ってくる前に七草がゆを食べて無病息災を願おうっていう事なんでしょうか? 現在は渡り鳥がいろいろなウィルスを運ぶ事が分かっていますが、昔も渡り鳥が病気に関係しているっていう考えがあったのかな?
[PR]
by mmayfkd | 2012-01-07 15:10 | お料理

アメリカのお正月料理

知らなかったんですけれどね、アメリカにもどうやらお正月料理があるらしいんです。
南部地方の風習らしいんですが、元旦に‘ホッピング・ジョン(Hoppin'John)’って言う物を食べるんです。
‘ホッピング・ジョン’??? 何じゃそりゃ?
でしょ?

実はね、これ。
c0198236_14555979.jpg

納豆ご飯?って思った方は、純日本人!
これね、ブラックアイドピーっていう豆のシチューなんです。
みじん切りにしたタマネギ、ハムかベーコン、(オプショナルでセロリやピーマン)、ニンニクを鍋で炒めて、そして豆、乾燥タイムとカイエンペッパー(一味唐辛子でもOKかも)、豆の2倍の量の水かチキンブロスで30−40分煮込む。これを炊いたご飯にかけるか混ぜるかして食べます。
c0198236_14564348.jpg

これを食べると1年ご利益があるそうです。
私たちは、元旦は無理だったので6日に玄米の上にかけて食べました。
おせちもちゃんと食べたし、ホッピング・ジョンまで食べたし、今年はご利益いっぱいあるかしらね〜。
[PR]
by mmayfkd | 2012-01-06 15:10 | お料理