今日もあいおわ

mayugezaru.exblog.jp

手作りヨーグルト

ふと、ヨーグルトを作ってみたくなった。
と言うのはうそで、お友達と話していたら→アメリカのカッテージチーズがまずいので手作りしているっていう話になって→カッテージチーズってそんな簡単に作れるもんなのかと調べていたら→ヨーグルトも簡単に作れる!と知り→それで、ヨーグルトを作ろう!ってなりました。
暇人な私。

でも、本当に簡単に作れてしまうんですよ、ヨーグルト。
材料は、大きい鍋、牛乳、生きた菌の入ったヨーグルト、木べら、温度計、タオルのみ。
牛乳もヨーグルトも、アイオワ州のカロナ市で作っているオーガニック(有機)のもの。牛乳はWhole milkを使用。Whole milk(日本でいう、普通の牛乳でしょうか)の方が味があって美味しいから。アメリカでは、Whole milk (脂肪分3.5%), 2% milk, 1% milk, skim milk (無脂肪)が売られています。だんちゃんが2%のが好きなので、チョコチップクッキーを頂いた時には2%ミルクを買います。だんちゃん、クッキーを牛乳に浸して食べるのが好きなんです。子供の頃かららしい。不思議。

さっ、ヨーグルト作りに戻って。。。
まずはお鍋に約4リットルの牛乳を入れて、強めの中火で焦げないよう時々かき混ぜながら、約200℉(約93度)まで温める。沸騰する直前までが目安。今回、忘れてしばらく離れていたら沸騰してしまったけれど、問題ありませんでした。
c0198236_1134840.jpg
c0198236_1135849.jpg

(写真は前回作った時の。前は夜中に作ったんだ。)
そしたら、火から離して112−115℉(約45度、お風呂よりちょっと熱いなあ位)まで温度を下げる。この時に、オーブンを保温設定にして、5分温めてから切る。
下がったら、温まった牛乳を約1カップとって、そこにヨーグルト1/2カップ(アメリカサイズ、日本のだと多めの1/2カップ)を加え、混ぜる。混ざったらヨーグルトの入った鍋に加える。
c0198236_1184210.jpg
c0198236_1185379.jpg

(これも前回の)
鍋をバスタオルで巻いて、温めておいたオーブンに入れて寝かせる。4時間から好きなだけ。4時間、8時間、12時間で自分の好みはどのくらいか、様子を見ているといいでしょう。好みのヨーグルトになるまで、まぜまぜしないように!時間がたつほど固まってきますが、酸味も増します。オーブンのない人は、バスタオルで巻いてから、温めたお湯を入れたペットボトルと一緒にクーラーボックスに入れるか、クーラーバッグに入れるか、コタツに入れておくか、新聞紙でぐるぐる巻きにしてからタオルで巻いておく、動かないって自信のある人はタオルを巻いて一緒に寝る、という技をつかってもできるような気がします。。。

これは8時間後。混ぜる前
c0198236_126182.jpg

混ぜたらこんな感じ。
c0198236_1471313.jpg

熱湯消毒した瓶に詰めて、冷蔵庫で保存。2週間ほど保存できるそう。
ちなみに私の消毒の仕方は、瓶を洗って、濡れたまま250℉(約120度)のオーブンで20〜30分ほど加熱するだけ。
c0198236_1484950.jpg

c0198236_148110.jpg

ギリシャ風ヨーグルトにしたい場合には、珈琲ドリッパーにフィルターを敷いて水を切るか、ザルにフィルターか強めのペーパータオルかチーズクロスを敷いて水を切ると良いそうです。
手作りのは甘めでまろやかで、美味しいな!
[PR]
by mmayfkd | 2015-07-31 01:49 | お料理