今日もあいおわ

mayugezaru.exblog.jp

Mines of Spain

お天気がよかったので、ずっと気になっていたマインズ・オブ・スペイン(Mines of Spain)に行ってきました。
アイオワシティから約1時間半(たぶん)のところ、ダビューク市にある州立公園です。
ダビュークは、その地域の開拓者そして鉛鉱山の開発者のジュリアン・ダビューク(フランス系カナダ人)にちなんで名付けられたそうです。昔この辺りはスペインの植民地となっていて、ジュリアン・ダビュークが与えられた土地は、“Mines of Spain"と名付けられました。

まずは、ジュリアン・ダビュークの眠る、Julien Dubuque's Monumentへ。
c0198236_81491.jpg

いい景色〜!
c0198236_8145752.jpg

ダビュークのダウンタウンが遠くに見えます。
c0198236_831441.jpg


普通なら、公園の入り口にハイキングコースの地図などが書かれているんだけれど、なぜかそういう情報が見つからず。。。 何処に行ったら良いか分からなかったので、E.B. Lyons Interpretive Center (資料館)にいきました。そこで地図を貰って、ハイキングコース決め。
資料館の中には、鉛の採掘に使われていた道具、昔住んでいたインディアンの事や農場のこと、そして公園地域に住む動物などが展示されていました。
c0198236_8414226.jpg


公園で一番有名なコース、Horseshoe Bluff Nature Trail(3/4マイル)からスタート。
昔の採石場
c0198236_961835.jpg

むき出しの赤みを帯びた岩壁に、遠くに見えるミシシッピ川。ここはほんとにアイオワ?とても素敵な景色です。
c0198236_983899.jpg

この日は久しぶりに蒸し暑かったのに、下に行ったらとても涼しくて居心地が良かった〜。
c0198236_9102094.jpg

c0198236_9105981.jpg

c0198236_9112840.jpg


次は、Catfish Trail (2マイル)。
ここは、川のすぐ横を通りながら森の中を上に行ったり下に行ったり。 歩くトレーニングには良いけれど、景色はまあまあでした。でもあとで調べてみたら、昔のインディアンの埋葬地や、樹齢200年以上のオークが見られたそう。ちゃんと書いてあれば良かったのにな (´・ω・`)。

向かい側にあったCalcite Trailも、最初だけちょこっと行ってみました。
c0198236_9181465.jpg

コースの途中には、昔鉛採掘のために掘られた、ボウル型の穴も見られるそう。今度来た時には、このコースを歩いてみよう。

せっかくなので資料館にもどって、Nature Center Trail(1.5マイル)を歩きました。
c0198236_9404442.jpg

ここの見所は、Junkermann氏によって造られた“Gentleman's farm"跡。いわゆる、趣味の農場。牛や羊のための牧草地や、リンゴの木、葡萄園などがあったそう。
彼がドイツで小さい頃に通っていたものに似せた教会は、今でも見る事ができます。
c0198236_9543033.jpg

c0198236_958182.jpg

当時は、書斎やちょっとした集会場として使われていたそうです。
c0198236_9575570.jpg

母国ドイツに似せるために、教会の回りには松の木も植えられたんだって。凝っていますね〜。私もいつか、お庭にちいさな日本庭園を造りたいなぁ。
c0198236_100062.jpg

c0198236_1002714.jpg


とても面白い公園でした。今度は地図をもって調べてから行こっと!
[PR]
by mmayfkd | 2014-09-26 04:03 | アイオワ・公園