今日もあいおわ

mayugezaru.exblog.jp

トホホ...

ファーマーズマーケットの帰り道。 
鼻歌を歌いながらうちの近所を一人で運転していたら 坂道を降りてく途中で警察の車の先っぽがいきなり私の横目に現れたの。 ちょっとブレーキを踏んで免れたかな~と思ったら 甘くなかった。 サイレンを鳴らして後からついてきちゃったの。 仕方が無いので 車どおりの少ない道を曲がって 免許 保険 登録書を用意。 しばらくして40代くらいのちっちゃいおまわりさんが来て 必要なもの3点を私から受け取って また車に戻っていった。 戻ってきて
“今日は何で止められたかわかる?”
“スピード違反”
“どのくらいのスピードで走ってた?”
“スピードのこと考えてなかったので分かりません”
“あそこのスピードリミットは?”
“えーっと うーん 何だろ。”
“君 すぐそこに住んでるんじゃないの?”
“はい。 じゃあ 35マイル(時速56km)?” (あんたクイズか?でもホントに今まで気にしたことなかったの)
“そう 25マイル(時速40km)”
“えっ 25マイルなんですか? 35マイルかと思った”
“35マイルは君が走ってた速度だよ” (私はもっとスピードを上げて走っていたかと思っていたのでちょっと安心)
“今日のだと罰金90ドルかかるんだよ。 こんなことにお金使うより スピード下げた方がいいと思わない?”
“はい そう思います” とうんうんうなずく。
“今日は忠告で終わりにしてあげるから 今度気をつけるように”
やった~!!! 何度もおまわりさんにありがとうをいって おまわりさんが見てるかもしれないので 超スロー運転で家路に着いたのでした。
お隣さんが外でちょうどポストから手紙をとってたので “さっき おまわりさんに止められちゃったの”と言ったら “知ってる 私達ちょうど横を通ったのよ。”だって。 はずかし~。 
もうスピード違反はしません。 それにしても ここは日本よりスピード違反が厳しい。 日本で時速50kmで走って捕まることってあるのだろうか?
[PR]
by mmayfkd | 2009-06-20 02:21 | アイオワ・マイニチ